WAS のコメント

WAS
No.28 (2014/07/05 02:09)
「反対にあなたがにわかと呼ばれたくないのなら、そのコンテンツに興味を持ち続けるしか方法はない。興味を持ち続ける方法は称賛することに限らない。批判することだって立派に興味を持っていることになる。興味を失ってしまうことが一番いけない。」
「サッカーが日本の文化に根付くためには~~スポーツ新聞や週刊誌の批判にいちいち目くじらを立てるサッカーファンが多ければ、日本の文化として発展していくのは難しくなる。」
「にわかファンが熱しやすく冷めやすいことがある。~~そのためにも文化に根付いていくことが大切なのだ。」
どれもなるほどな、ととても感心しました。批判に目くじらを立てすぎて、批判を封じる事になってはいけない、というのも大事なことっすな。W杯後のスポーツ新聞の見出しがちょっとえげつないんじゃないかとも話題にもなりましたが、スポーツ新聞の記事のレベルはともかく、批判する精神がなくなったり批判の責任を恐れて何も言えなくなるというのもおかしい。昔からのファンが新規のファンの人に優しく教え、逆に昔からのファンは新規のファンから刺激をもらう、という相互の関係からファン層が拡大していくようにするのが理想ですね。現実は難しいですけど、ブロマガに書かれてる通り、バランスを取りながら地道にやるしかないでしょう。文化ってもんは確かに、ぽっと直ぐに出来るような物ではないでしょうから。

このコメントは以下の記事についています