にゃん太・M のコメント

にゃん太・M
No.120 (2014/07/05 19:59)
なんていうかなぁ・・・個人的にはそのものにかける「愛情」みたいなのが大事だと思うんよ。あと 「初心者=にわか」 じゃなくて、「初心者から⇒にわか(表面うっすら)or趣味人(深く突っ込む)に分かれる」だとも思うね。

好きになるためには、当然どんな事柄にも一番最初に興味を持ったきっかけがある。そこからが大事で、漠然と楽しいだけならにわかだし、興味を持って更に深入りすれば趣味人だ。スポーツで言うと、前者は 「点が入りそうな時や点が入った瞬間になんか周りと盛上がるのが楽しいだけ!(ルールとかはよく知らないけど!)」 みたいな人。後者は 「点が入りそうな時や入った時に盛上がるのは勿論、中身にも少し以上にゃ興味を持って知っているからプロセスまで合わせて楽しめる」 みたいな人。だからこそ、にわか側に感想求めると小学生の一行日記みたいな答えしか返ってこないわけで・・・

一部のにわかが批難の対象となる理由は「いなごの大群」の一言にほぼ全部詰まっているだろう。流行に乗っかってやってきて、食い荒らして流行の冷めと同時に去っていく。分かってないくせに好き勝手言ったり (アニメだとキャラへのよく分からん定義づけ等も含む)、何かをきっかけに手のひら返したり、挙句の果てに去っていくんだもの・・・そりゃやっぱ好きな人からしたら不快ですわな。一緒になって盛上げてるなら歓迎だけど、一方は盛下げの行動も含んでいるからね。タイトル通りにわかであること自体が悪ではないけど、趣味人サイドに混ざって行くならばわきまえるべき一線はあると思う。

でも企業側からすれば 「知識量よりは今一瞬の興味がどれほどあるか」 が大事だから、「~に絡んでれば売れるやろ」みたいな安易なコラボとか連発するんだろうな。傍から見れば興味層拡大の図にしか見えないって考えれば納得しなくもないが、明らかな 「にわかで売上↑」 が目的みたいなのは個人的にうんざり。

最後に言えば、結局趣味は最初の通り「愛情」だよ。本当に好きなら知識も勝手に付くし語れるさ。その点、自分は一部にわかを馬鹿にすることもある。あと、決してにわかは利口な訳じゃない。流行に乗ってみるのは勝手だが、その反面で誰かを不愉快にするのが利口と呼べるかどうか・・・とまぁ、敢えて釣られてガッツリコメってみる

このコメントは以下の記事についています