しあわせの手乗りスワロー

【野球】統一球問題の一連の流れってこんな感じ

2014/04/11 20:22 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 野球
  • NPB
  • 統一球
  • 加藤良三
  • スポーツ
現在の統一球を「飛ぶボール」と呼ばないで【動画あり】

去年の統一球騒動で上の記事を書いた時にちょっと調べたんですが、もう一度経緯をまとめておきます。


2011年

国際大会で日本とは違うボールが使われていること、国内でも各球場によって違うボールが使われていることに疑問の声が挙がっていたため、全球場でミズノ製の同じボール(統一球)を使うことにした。

この統一球はNPB(日本プロ野球機構)の内規で定められた反発係数の基準(0.4134~0.4374)の下限に合わせたボールと説明された。

2011年~2012年

統一球があまりにも飛ばず、貧打戦が続発するようになったためファンからは不満が。統一球を導入した加藤良三コミッショナーに対しても批判が集まる。


2013年

「今年のボールは飛ぶ」という声がファンや関係者から出始める。

NPBは会見を開き、過去2シーズンの使用球が基準を下回るものだったこと2013年シーズン開幕前にミズノに対し反発係数の変更とその隠蔽を指示したこと飛ばない統一球の在庫を開幕前のオープン戦で消化したことなどを発表。MLBに倣って統一球に自身の名前を刻印していた加藤良三コミッショナーの逆ギレも火に油を注ぐ。

日本シリーズ直前に加藤良三コミッショナーが辞任。その座がしばらく空席になるも後任に熊崎勝彦氏が就任。


2014年

NPB内規の反発係数基準を見直し。「0.4134~0.4374」から「0.4034~0.4234」に基準を引き下げる。

「今年のボールは去年よりも飛ぶ」という声がファンや関係者から出始める。

昨日、抜き打ち検査を実施した6球場のうち5球場で、反発係数が基準の上限である
0.4234を超えていたと発表。



とまぁこんな流れです。

2011年から2013年に使用されたボールは仕様変更時を除けば大体安定した数値を出せていたので、反発係数変更の指示がなかったのならばミズノ側にミスがあったのでしょう。
反発係数はボールの核の部分の低反発素材の分量によるらしいので、その分量を間違わなければ安定させることは難しくないんじゃないか?と思うんですが果たして。


ただ、左の拙い図の通り去年までの旧基準ならば今回のボールは適正範囲内に収まっていたわけです。これでもラビット時代よりはずっと飛ばないはず。

ところで新基準の数値はどのように決めたのでしょうか。旧違反球と新違反球なら後者のほうが野球になっていると個人的には思いますが、新基準に照らすと適正範囲なのは旧違反球なんですよね。
つまり基準を下げ過ぎたのではと思うわけですがどうでしょう?

でもこれは基準の見直しをした時に反応しなきゃだめですねw
当時の僕は「0.4374のボールなんか使ったら人が死んでしまうわw」「基準を引き下げたかよかったよかった」くらいにしか思っていませんでした。


現在問題になっている統一球の在庫が約1万ダースあるらしく、これは3ヶ月ほどで消費される数だそう。在庫分の使用についてNPBは「再検査、再々検査の結果を見てから考える」としていますが、
どちらにしろシーズン途中から昨年同様のボールを使うことになりそうです。


追記(2014.04.12)

替え球ない飛び過ぎ統一球“違反”継続
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140412-1284079.html

開幕前の3月19日、NPBが非公式に検査を行い、規定内に収まる数値(0・421)を示していたことも明らかにした。

こうなると原因はミズノにあるっぽいですね。もちろんNPBの検査も非公式じゃないほうがよかったでしょうが。

統一球の製造は手作業で、熟練の職人が1時間に4個しか作れないという。

手作業というのは初めて知りました。工場で機械がゴウンゴウン作っているのかと思ってました。どこのメーカーが作ってもこのくらいの生産効率なのかな?

NPBは16年の公式戦で使用する統一球の製造メーカーを、複数の企業を競い合わせて決定する方針を固めている。

初めて知りました。いいことだと思います。コンペの結果、再度ミズノに決まる可能性もありますがそれはそれで仕方ないでしょう。統一球導入の前年にも結構な数の球団がミズノ製のボールを使っていたはずなので、それだけ技術力はあるのだと思います。ただ競争は大事です。独占供給の立場にあぐらをかかないようにするために競争させることは必要ですね。


追記(2014.04.15)

反発係数が上がった要因の1つとして、ボール内部のゴム芯を巻くウール糸の含水率が通常よりも低かったことが報告されました。どこの記事で読んだかは忘れてしまったんですが適正値が出た開幕前の非公式検査はミズノ内部で行ったもの、今回の値が出たのは「日本車両検査協会」というところに依頼した検査のようですね。
22日頃から通常の反発係数のボールを供給するそうでなかなか早い対応ですが、同じミスは二度とないように徹底してしただきたいです。
しかし今回の騒動で再度実感。やっぱりボールは生き物なんですねえ。


追記(2014.04.22)

NPB、統一球の反発係数測定方法を公開
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140416-1286265.html

去年の騒動の時、調べても反発係数の測定方法が出てこないなーと思っていたんですがそもそも公開してなかったんですね。この事件を機にこういったところが透明化されることを望みます。

ミズノ在庫半数以上が適合球も納期を延期
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140418-1286897.html

平均は上限を超えていましたが半数以上は適合球だったみたいです。当初は22日から試合で使えるとのことでしたが、それでは安定供給が難しいので今月中を目指すそう。
当面使われるのは上限に近い適合球、新しく生産するのは2013年適合球ってことなのかな?だとしたらシーズン途中で2回ボールが変わることに……。まぁ早く適合球に切り替えてほしいからそれは別にいいか。よくないけど。
そしてもう一度言いたい、NPBさん基準下げ過ぎたんちゃいますの?と。


追記(2014.04.22)

基準適合の統一球29日から全面切り替え
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140422-1289092.html

29日からですって。神宮球場本拠地のファンとしては朗報ですな。
あと適合球の在庫が1200ダースから1500ダースに増えたんですってよ。


追記(2014.04.24)

約1万ダースのボールが3ヶ月ほどで消費されるという情報から考えると、1500ダースのボールは単純計算で約13.5日で消費されるということになります。

具体的には4月29日から今より少し飛ばないボールが使用され、5月中旬からは発覚後に製造された去年並みのボールが使われ始める。ということですかね?


カテゴリ別まとめ(投稿記事の一覧はこちら
アニメ関連
  とらドラ!動画
  <物語>シリーズ
  魔法少女まどか☆マギカ
  アマガミSS
  ささみさん@がんばらない
  さよなら絶望放送
  ミス・モノクローム
スポーツ関連(主に野球)
ゲーム関連
雑記

コメント

つばめ#53 (著者)
No.2 (2014/04/11 21:06)
>>1
そんなん言ったらヤクルト投手陣はどうなるんですか!
まぁボール戻っても大して変わらない気もするけどw
ガリベンファラオBox
No.3 (2014/04/11 21:59)
新違反球に加藤良三の名前を刻んで各球場で販売すれば大盛況間違いなし(確信
つばめ#53 (著者)
No.4 (2014/04/11 22:06)
>>3
加藤良三の名を刻んで得するのは加藤良三だけなんだよなあ…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事