トロッコ風呂のせっかく会員なんだし、何か書く。

スマホで放送するときに使える機器があったので、レッツチャレンジ

2013/05/24 16:30 投稿

  • タグ:
  • NME
  • iPhone
  • iPad
  • ニコ生モバイルエンコーダー
1年ぐらい前に、楽器も何もできないくせに、音楽アプリの面白さにはまって、iPad用に簡易型のオーディオインターフェースを買ってしまった私。とりあえず何度か録音したりしてみましたが、あまり使われないま放置されていました。
それとは別に、生放送も面白そうかも!と思い、PC用に安いオーディオインターフェースダイナミックマイクも買いました。こちらも数回使った後、時々スカイプ通話に使われる程度となりました。

私はスマホにSoftbankのAndroid、M 201Mを使っています。録音するのにiPad用に買ったものが使えないかと思い、iPadで使ったインターフェースを使ったところ、これが使えたんですよ。ラッキー。(この機種がたまたま合ってただけ。)

よくスマホ配信で「BGM流せねー」って配信をよく見かけます。そりゃそうです。内部にそんな仕組みを持っていないんですから。

ここで思いつきました。「これらを組み合わせればいけるかも」と。

通常なら、
マイク→iXZ→スマホ・・・配信 となります。スマホ直のマイクではないので、音質アップが見込めます。
ここで欲張って、
マイク→302USB(この場合、単純にミキサーとして利用)→iXZ→スマホ・・・配信
     ↑
 携帯音楽プレーヤー(iPod等)

スマホとiXZの入力は、モノラルなので臨場感は出ませんが、外部からマイクで直接音を拾わせるよりもグッと良い音質で取り込める「はず」です。

Androidの場合、棒読みもあるので、放送にその音声も乗せたい欲も出ますが、それをしようとするとループバックしてしまうので。

iXZの部分は自作も可能。ボリューム調整なんかはできませんが。
この自作をやろうとしていて、手持ちのもので代用できないかと思っていたら、これが使えたって落ちなんですけどね。


で、録音実験で、できることは確認しました。後は放送です。ひまストコミュで0.977を使ってチャレンジします。よろしくお願いします。

  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事