Trader.kのニコニコブログ

2018年3月5日ドル円下降トレンド継続。まだ加速するか!?

2018/03/05 10:48 投稿

  • タグ:
  • ドル円
  • 相場
  • 一目均衡表
  • トレード
  • 一目
  • 為替
  • 外国為替
  • 投資
  • 投資家
  • FX


今週もはじまりましたね。
一週間また頑張っていきましょう(^▽^)/
今週末は米雇用統計の発表もあり、
結果発表には注目したいと思います。


先日は東京市場からNY市場にかけてトランプ米大統領
によるアルミ・鉄鋼などの関税引き上げ発言で強まって
いたドル売り地合いに、日銀の出口に対する思惑の
高まりによる円買いが重なり、ドル売り円買いが優勢となり、
105.25円まで下落し、2016年11月以来の安値を更新。

NY市場後半にかけては、ダウ平均が前日比376.08ドル安から
下げ幅を縮小したこと、米10年債利回りが2.86%台まで上昇
したことで、105.72円前後まで反発する展開となっております。

テクニカルは1h波動を右に出て安値を更新を繰り返し、
転換線に上値を抑えられながら、下降トレンド継続。
前回安値も更新するも、日足8h対等関係背反値、月足S点が
で安値をつけた後は、前回安値がサポートとなる形で
戻りをつけている展開となっております。

引き続き波動で勢力を図りながら下降トレンドを追いかけ、
収束反転も仕掛けていきたいと思います。

ただ週足の26本目の変化日から遅行スパン価格の上昇の周期から
上昇していく展開にも警戒が必要ですね。

今日も一日頑張っていきましょう。



先日の展開です。

–東京市場–

トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限
を発動させる方針を発表したことを受けて米株が急落し、
日経平均も前日比600円超の続落。ややリスク回避の
円買いが優勢となる。
午後も円買い圧力が継続。
東京オプションカットを前に再び円買いの動きが強まった。ドル円は
105.76円まで弱含む。

–ロンドン市場–

トランプ米大統領によるアルミ・鉄鋼などの関税引き上げ発言で強まって
いたドル売り地合いに、日銀の出口に対する思惑の高まりによる円買いが
重なり、105.28円まで年初来安値を更新。2016年11月以来の安値をつける。

–NY市場–

トランプ米大統領が「通商面で実質的に全ての国に対して数十億ドルも
失っている時、貿易戦争は有用で、勝つのも簡単」とツイートしたことで
通商戦争への警戒感が高まり105.25円まで下落。
2016年11月以来の安値を更新。
しかしその後はダウ平均が前日比376.08ドル安から下げ幅を縮小したことや、
米10年債利回りが2.86%台まで上昇したことで、105.72円前後まで反発する。

そんな中テクニカルは1h波動を右に出て安値更新を繰り返し、
転換線に上値を抑えられながら下降トレンド継続、

4h8hも下降トレンド突入から波動を右に出て安値を更新しに
向かい、背反値で安値をつけて戻りをつけるなど
しっかりと機能する展開となっております。



続き、エントリーポイントの詳細、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/


またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/


会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/
(フィボナッチリトレースメントも表示できるようになりました)



画像はこちらにあります↓
http://trader-k.info/official/2018/03/05/4792/





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事