Trader.kのニコニコブログ

2018年1月21日ドル円相場マルチタイムフレームフィボ位置と分析

2018/01/21 00:05 投稿

  • タグ:
  • ドル円
  • マルチ
  • マルチタイムフレーム
  • 分析
  • 週刊
  • トレード
  • 一目均衡表
  • 投資
  • 投資家
  • 為替


一週間お疲れ様でした(^▽^)/

先週は週明け米国市場が休場となりましたが、
前週からの円買いの流れを引き継ぎ、序盤から軟調な動きとなりました。
日銀の超長期債オペ減額を受けたテーパリング観測が高まったことや
19日の米国の2018年度暫定予算の失効により米政府機関閉鎖への警戒感
が強まったことで110.19円まで下落し、
昨年9月18日以来の安値を付ける展開となりました。


その後、米地区連銀経済報告で、米経済が緩やかに拡大、
また賃金の伸びも報告されたことや、米10年債利回りが2.6%まで
上昇したことを受け一時111.48円まで上昇する場面もありましたが、
週末には米連邦政府のつなぎ予算案の審議が難航し、
政府機関の一部閉鎖の可能性が懸念されたことを受けて、再び110円台まで
下落する展開となりました。


そんな中テクニカルは週明けから波動を出て安値更新を繰り返し
下降トレンド継続。
週足遅行スパン価格沿う形での下降となり、
日足雲ねじれ中心線から同程度の騰落で安値をつけた後は
戻りをつけるなどしっかりと機能する展開となっております。


↓先週の展開です(^▽^)/


先週前半に1h波動を右に出て安値更新から
下降トレンド継続となり、注目しておりました、
日足遅行スパン雲50%ライン前回安値圏、週足基準線を下回り
下降トレンド継続。
日足雲ねじれ中心に同程度の騰落で安値をつけた後は
週の後半にかけて4h遅行スパン価格に向かって
戻りをつける予測通りの展開となりました。


週の後半には4h遅行スパン価格沿いで下降。
1h雲ねじれ付近からの騰落で雲を中心に
下降に向かい、直近上昇フィボ76.4%付近まで下降している
展開となっております。


しっかりと週足遅行スパン価格沿いの周期で下降という
週となりした。


↓マルチタイムフレームフィボ位置になります(^▽^)/



月足上昇フィボ雲中
23.6%  114.01
38.2%  106.69
50%   100.77
61.8%   94.85
76.4%   87.52


週足下降フィボ雲中
76.4%  119.51
61.8%  115.58
50%   112.40
38.2%  109.23
23.6%  105.30


上昇フィボ
23.6%  114.01
38.2%   111.13
50% 108.81
61.8%  106.48
76.4%  103.60


日足下降フィボ雲下
76.4%  105.99
61.8%  114.33
50%   112.99
38.2%  111.65
23.6%  110.00


上昇フィボ
23.6%  112.98
38.2% 111.89
50% 111.02
61.8%  110.15
76.4%  109.07


8h下降フィボ雲下
76.4%  113.66
61.8%  113.00
50%   112.46
38.2%  111.93
23.6%  111.27


4h直近下降フィボ雲下
76.4%  112.63
61.8%  112.16
50%   111.79
38.2%  111.41
23.6%  110.94


1h直近下降フィボ雲下
76.4%  112.63
61.8%  112.16
50%   111.79
38.2%  111.41
23.6%  110.95


直近上昇フィボ
23.6%  111.17
38.2% 110.99
50% 110.83
61.8%  110.68
76.4%  110.50



マルチタイムテクニカル分析です(^▽^)/


————————–


月足です。

先週は予測通り、下降の流れを引き継ぎ下降。
週半ばからの反転で一旦は転換線基準線上に
戻れる展開となりましたが、週の後半にかけて
もう一度下回る下降の週となりました。

今週は下降の流れを引き継ぎ下降する展開を予測
しておりますが、
月の後半にかけては転換線基準線のサポートが機能する形で
戻され、相場水準に向かって上昇していくシナリオも
見えてきます。

今週の予測は先週同様週の半ば付近までは
先週の下降の流れを引き継ぎ下降。
サポート機能で週の後半にかけて上昇してくる
展開を予測しております。

バイアスなしに下降トレンドを追いかけなが
短い時間軸とマルチタイムでレジサポを図り、
収束転換も狙っていきます。

レジスタンスラインは、転換線、基準線、遅行スパン基準線、相場水準、
23.6%114円キリ番、前回高値圏、中心線からの騰落、S点、雲

サポートラインは、直近安値、中心線からの騰落、前回安値圏、
38.2%で図ります。



続き、お問合せは週刊メルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにて見方や手法を
より突っ込んだ内容でお答えします。

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/


平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678127.html

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678129.html

週刊分析動画はTrader.Kトレードチャンネルに
あります(^▽^)/こちら↓
http://video.fc2.com/channel/trader_k/



ホームページに画像アップ中(^▽^)/
こちら↓
http://trader-k.info/official/2018/01/20/0121/






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事