タッパーのブロマガ

やっぱり、伝え方。 -2-

2020/09/11 22:51 投稿

  • タグ:
  • 伝え方
  • コミュニケーション
☆強いコトバを作る
 強いコトバ、この本ではこれを人の感情を動かすエネルギーのあるコトバと表しています。
 情報量がインターネットにより増大した事で印象に残らないものは無かった事と同じになっ
 て仕舞っている、これからは個人においても伝える技術が重要になってきているのです。
 そして感動や熱い思いの乗った言葉を偶発的にではなく技術として体系化し、考える事がで
 きる、その方法をここでは紹介していきます。


・5つの技術

 ①サプライズ法
  これは伝える言葉に、驚きワードをつけるものです。非常に簡単なものですがプロもよく
  使う手法だといわれています。
  1’ まず伝えたいコトバを決める
  2’ 適したサプライズワードを入れる
  サプライズワードには
  「(語尾に)!」
  「ほら、~」
  「そうだ、~」
  「あ、~」  などがあります。
  有名なものだと
  「そうだ、京都、行こう。」
  「あ、小林製薬」という表現方法になります。


 ②ギャップ法
  ギャップ法はスタート地点を下げて、言いたい意味にギャップを付けてあげるものです。
  オバマ大統領のスピーチにおいても使われているものです、それについては構成方法と一
  緒に紹介します。
  1’ 最も伝えたいコトバを決める。
  2’ 伝えたいコトバと正反対のコトバを前半に入れる。
  3’ 前半と後半が繋がるように言葉を埋める。

  「これはあなたの勝利だ。」と伝えたい
  
  「これは 私の勝利 ではない、 あなたの勝利だ。
          2’     3’        1’
  この様に相手に感動を与える手法になります。


 ③赤裸裸法
  これは体温を感じさせ、ときに詩人のようなニュアンスを与える方法です。
  自分の身体の反応を言葉にすることで、こころのこもった言葉に変えれるのです。
  1’ 最も伝えたい言葉を決める。
  2’ 自分の身体の反応を赤裸裸に言葉にする。
  3’ 赤裸裸な言葉を、伝えたい言葉の前に入れる。
  
  ポイントは普段口にしない類のコトバを使う事です。
  「素敵な夜だった」と伝えたい、自分の反応は「顔が真っ赤になる」とします
                    
  「思い出しても顔が真っ赤になるぐらい←3’ 素敵な夜でした。
              2’            1’
  

 ④リピート法
  相手の記憶に刷り込み、感情をのせる方法です。
  繰り返すことにより記憶に残りやすくし、また感情がこもったコトバになるのです。
  1’ 伝えたいコトバを決める
  2’ 繰り返す
 
  「今日は暑い」と伝えたい

  今日は暑い暑い。
     1’   2’
  非常にシンプルですが、暑いという事柄が伝わりやすいですし、心から暑いと感じている
  という印象を受けるのです。


 ⑤クライマックス法
  相手の途切れかけた集中力を戻し、こちらの話にもう一度食いつかせる技術です。
  1’ 「伝えたいコトバ」をそのまま伝えない。
  2’ クライマックスワードから始める。
   クライマックスワードには以下のものがあります。
   「これだけは覚えてほしいのですが、~」
   「ここだけの話ですが、~」
   「誰にも言わないでくださいね、~」
    
  「私はカレーが好きです。」と伝えたい

  ここだけの話ですが私はカレーが好きです。
       2’         1’
  内容自体はどうでもいいものですが、いざこのワードで始められ話を聞いたら印象に残る
  ことでしょう。
  

  
以上が「伝え方が9割」でのメインの項目になります、これ以外にも細かなトピックもありますし、コピーライターらしいコトバを使う文章は読んでいて飽きません。
伝え方が9割 佐々木圭一
僕自身呼んでいて「手に汗握るほど、興奮しました。」
こんな伝え方があったのかと、試してみたくてウズウズしたぐらいです。「そう世の中簡単じゃない」と言う事は簡単ですが、実践して体感するまでそのコトバはとっておくべきでしょう。
変わるために必要なのは言葉じゃなく、自分自身の行動なのですから。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事