タッパーのブロマガ

話が聞ける、結果が変わる。-3-

2020/08/25 13:01 投稿

  • タグ:
  • コミュニケーション
  • 武器
☆会話が弾む


・話を引き出す
 人間には承認欲求があります。それを満たしてくれた相手に親近感、安心感を覚えるため、
 話を「聞く」ことが大切だといわれています。そこで相手が聞いて欲しいと思っている話を
 引き出すためのYESの法則を紹介します。

 ①Y (you)
 「相手に意識を向ける」ことです。興味、関心を向ける事で相手は「話を聞いてくれてい
 る」と感じ承認欲求が満たされるのです。聞く際は「浅い」「中くらい」「深い」の心理的
 距離感に気をつける事で自然に相手は親近感を感じていくでしょう。

 ②E(Excellent)
 相手の存在をありのまま受け入れる事をいいます。このような視点で聞くことができれば相
 手は批判や、評価を気にする事なく話をする事が出来る様になるでしょう。

 ③S(Space)
 気持ちよく話せる場を作る事です。相手の感情に応じて自分もそれに合わせる、又話を遮ら
 ない事も重要です。もし遮るのであれば一言、断りの言葉を挟むようにするといいでしょ
 う。

 この3点を意識して話を聞くことで相手は自らが承認されたと感じ、より深い関係を築くこ
 とができると言われています。


・何故会話が続かないのか?
 会話はキャッチボールの様なものであり、相手の投げた球(話題)に対して、受けとろうと
 しない、受け取れない(聞く力が無い)と続かないものと例えられています。
 またこちらから話すときは相手が受け取り易い球(話題)を投げる必要がありますが、その
 受け取り易い球を知るため、つまり相手を知る為にも聞くことが大切になります。
 聞くのが下手だと会話は続かないというのです。

 ①リアクションがない
 相手の感情に対して反応しないことです。大切なのは話の内容に同意できなくても感情に寄
 り添って反応する、共感することが大事になります。
 共感する事で相手は理解された、受け入れられたと感じるのです。

 ②会話の流れを理解していない
 これには2つの意味があり、ひとつは話の内容そのものを理解していない事、もうひとつは
 相手の感情の動きを理解していない、言い換えると「場の空気を読めていない」ということ
 です。相手が話している内容、それについてどのような感情をもっているかを理解せずに返
 答してしまっているのです。
 
 ③相手に意識を向けていない(自分本位)
 関係性を深めたいのであれば、相手に対して意識を向け相手が話したいことを聞く姿勢をと
 ることが重要です。自分本位な反応(興味がないなど)をすれば相手は続きを話そうとは思
 わなくなります。

 相手が話したい事を聞いていくだけで会話は続いていくものだと言うのです。


・相槌の重要性
 相槌を使いこなせば、相手は心を開き信頼関係を築けると著者は言っています。
 そのような心を開かせる相槌の法則があるのです。

 ①共感を表す短いフレーズを使う
 相手の感情にあわせ「そう感じたんですね。」「辛かったんですね」と共感する短い言葉を
 返すのです。長いフレーズで返してしまうと、こちらの話の内容に相手の意識が向いてしま
 い相手が「共感されているな」と感じ辛くなるので注意が必要です。
 
 ②具体化のフレーズを使う
 少しでも相手を理解しようという姿勢を表すフレーズです。「たとえば?」「もっと聞かせ
 て」の様に具体的に、つまり「深く聞く」ことで相手は自分に関心を向けられていると感
 じ、承認欲求が満たされ距離感が縮まるのです。

 ③本心を聞くフレーズを使う
 相手の心を開く為に「本当の気持ちは?」「で?本当はどうしたい」という風に相手が自身
 の
心に目線を向け考えられるフレーズを使います。
 大切にすべき点は、しばらく無言でも言葉を挟まず待ってあげることです。自分の本心を伝
 えるのは勇気がいることであり、言葉を挟むとその勇気が挫けてしまうからです。
 心を開いてもらうには信じる姿勢が大事だといわれています。
 
 たかが相槌と侮る無かれ。この3つのフレーズを使い相手の心を開き深い信頼関係に繋げら
 れる
というのです。
 

・2つの質問
 会話が弾まない、広がらないと嘆く人は多いでしょう、僕もその一人です。この項では話を
 広げるのには幅広い教養も深い洞察力もいらない(あっても困らないが)と言っており、必
 要になってくるのは「話す」立場ではなく「聞く」立場から会話を盛り上げる方法を知る事
 だといいます。

 ・横の質問
 これは話の幅を広げる質問で「ほかには?」「例外は?」「ほかの見方は?」などがありま
 す。相手の視野を広げたり、展開させたり、感情の状態を調べるのに用います。
 
 ・縦の質問
 特定の話題について深掘りする質問です。「具体的には?」「そうしたらどうなる?」とい
 ったものと5W1Hを用いて深く聞いていく時に用います。
 
 A「好きな音楽ジャンルは?」
 B「そうですね...色々ありますがロックとか...」
 A「他には?」(横の質問)
 B「メタルが一番好きですね!」
 A「そうなんだ!かなり激しいイメージがあるけど実際どうなの?」(縦の質問)
 B「激しいだけじゃないよ!クラシックを取り入れたのもありますし」
 A「そんなのもあるんだ!聞き始めたきっかけは?」(縦の質問)

 実際メタラーはこんなにすぐ本性を出さないのは置いておいて、まず好きなものを聞きまし
 たがちょっと反応が薄かった(感情が動いていない)ので横の質問をしました。そしたら楽
 しそうに「メタル!」と言った(感情が動いた)ので縦の質問で深掘りをしました。

 相手の感情が動いてない場合は横の質問で関心度を探り、感情が動いたところで縦の質問を
 することでよい形で話が展開していくと言われています。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事