とよのブロマガ

新型ニンテンドウ64コントローラー『Next Gen N64 Nintendo 64 Controller』3/27更新

2018/03/26 19:20 投稿

  • タグ:
  • ニンテンドウ64
  • N64
  • コントローラー
  • Next
  • Gen
去年の夏ごろに日本でも話題になったN64用の新型コントローラー『Next Gen N64 Nintendo 64 Controller』をご存知でしょうか?
KickstarterでRetro Fightersと言うチームが企画した新型コントローラーがようやく、この2018年3月の終わりに届いたのでお話させていただきます。




届く前の印象
良い点
・純正のコントローラーの問題点としてスティックがへたると言うのがありますが、このNext Genのスティックはゲームキューブのようなタイプのスティックになっているため酷使しない限りは長く使えるだろうと感じました。
・形状的には最近のSwitchのプロコンやWiiのクラコンプロのような形で握りやすそうと言う印象でした。

悪い点
・使わなければ良い話しですが連射機能は必要だったのか?RTAで使用する際にいちいち不正を疑われるのが嫌なので、なくして欲しかった。まぁとくべつ疑う人はいないとは思いますが。

概ね良い印象でした。特にスティックに関する問題は64のRTAをやっているプレイヤーには死活問題で新品を買足したり、ホリミニを使ったり、Steel Sticksを購入したり、修理したりと色々頭を悩ませたりしています。




パッケージ




海外の64のソフトのパッケージっぽくなっていておしゃれですね。





側面は写真、反対側は特別何も書いてありませんでした。





裏には何か色々書いてありました。





パッケージを大事に保管する人には嬉しい折れ曲がらないタイプ。嬉しい。



それでは取り出してみます。




コントローラーですが、新作ゲームをやる前かのようなわくわく感が地味に・・・





背面はこんな感じ。ちゃんとコントローラーパックを入れられるようになってます。





持ってみました。持ちやすいですね。期待が膨らみます。
触り心地はさらさらしていて、手汗でべとつくことはなさそう。





ホリミニですが、ボタンの形状やCボタンの大きさも若干違う?
AとBの間隔も少しだけ違います。
ちなみにホリミニは純正と間隔やボタンの形状、材質などほぼ同じです。


大きさ

純正の64コントローラーとの比較






ホリミニとの比較





ゲームキューブコントローラーとの比較





Switchのプロコンとの比較




動画
ただただ触った動画です。


ゲームはしてないけど、少し触って見た感想
良い点
・私の手の大きさからするとすごく持ちやすいって印象です。良い。
・ボタンの押した感覚も押した!って感じがあるタイプですごい好みでした。
・さらさらしているので手汗がすごい私にはありがたい。
・スティックの倒したときの硬さは ホリミニ<Next Gen<GCコン っていう感じ。程よい硬さで微調整がしやすいといった感じ。

悪い点
・Zボタンがトリガーになっていて、不安。
・スティックの表面がツルッツルで少し手汗があるだけで滑りそう。
・握ったときにコントローラーパックの部分が地味に当たってうっとおしい。


Zに関する部分以外はまぁ慣れだろうという感じ。
サイズ感もすごい良くて、慣れれば普通に使えそう。
特にスティックの硬さがすごい好みで良ければRTA用にもう一個買ってもいいかなって思ってお勧めしてました。


スティックの判定
スティックを倒したときの判定を調べて見ました。
EverDriveを使用して調べました。

Next Gen



???
スティックをゆっくり倒すとちょっとずつ点々が付いて範囲が分かるって言うものなんですが、コントローラーのスティックの角の部分を行ったり来たりすると、範囲が変わるという・・・
時計回りで倒したときと、半時計回りで倒したときの判定が二重のような形になっています。

この結果を見た知り合いのまーおりさんから純正、ホリミニ、GCコンの範囲の画像を送ってくれました。画像提供ありがとうございます。


純正64コントローラー





ホリミニ






ゲームキューブコントローラー





見ての通り、基本的に任天堂から出ている純正のコントローラーはぶれがまったくないです。
ホリミニは若干ぶれはばがあるようですが、許容範囲内でしょう。まぁ範囲はめちゃくちゃ大きいですけど。

この結果を見て非常に不安になりました。
まぁ普通に動かしていれば気にならないだろうという気持ちもありました。


実際にゲームをプレイしてみました。


ディディーコングレーシング

軽く触っただけですが、スティックの判定に関してはまったく分かりませんでした。
コントローラー自体に慣れていないって言うのもあって、Zボタンが使いづらいといった印象。


ドンキーコング64

軽く触って見たら、正面から左右に向けたときのゴリラの挙動が明らかにおかしい。ちょっと触っただけでRTAでは絶対に使えないと感じました。
ちゃんと調べて見ると、右上と左上の判定が倒したときの半分の判定になっていました。
本来走り出すゴリラが、右上と左上はのそのそゆっくり歩くゴリラでした。
Zがトリガーになっているため、ゴリラのローリングを普段の感覚でやると出ないことが多発しました。これは慣れだと思いますが。


他にNext Genが届いた知り合いに聞いてみました。

やっぱり時計回り、半時計回りでスティックを倒したときの感覚が純正のコントローラーにあまりにも違いすぎると言っていました。
それ以外は特別気にならないとのことです。
ゴリラの歩く判定になってしまうのは無かったみたいで、Next Genは現段階では個体差があるようです。

総評
ひどい!と言う一言でしょうか。
スティックがまともに使えないのはゲームにならないので通常プレイですら、危ういのではないでしょうか?
とは言っても個人で作られたコントローラーでサポートしてくれた人たちの声を聞いて「スティックの角を付けた」などあったようなのでしっかりと声を届ければ改善されたコントローラーが作られていくのではないでしょうか?
今後もまだ新たに生産したり、別カラーバージョンとかも販売していくみたいです。
私は買いますが、公式が修正したとかちゃんと見ないと使えないコントローラーを買うことになるので「今は」買うのをやめた方がいいと思います。
もしNext Genが届いたって言う人で、自分のはそんなことなかった!っていう人はコメントください。
あとたぶんですが、スティックのツルツルも修正されそうな気がします・・・

ごめんなさい!!
ドンキーコング64はVCで動かしてたのですが、実機だと通常通り動きました。
私は若干の違和感を感じました、特に問題はないと思います。
どちらにしろもう少し時期を見てから買うのがいいと思います。
お騒がせしました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事