とねよめのブロマガ

『渚~another sea~』-1-1

2020/09/10 00:12 投稿

  • タグ:
  • 艦隊これくしょん
  • 艦これ
  • とねよめ
  • 小説
  • 二次創作
  • 二次創作小説
※・本作は艦隊これくしょんの二次創作です。
 ・原作と異なる設定を含む可能性があります。
 ・本作に登場する“潮田渚”は暗殺教室に登場する潮田渚の姿をしています。しかし、原作の
  キャラ設定は存在しません。お先に潮田渚の容姿を調べることをお勧めします。
 ・それでもよろしければご覧くださいませ。

第1章-『渚の朝』

1-1『ファーストコンタクト』
潮の匂いがする。
とても懐かしい、でもとても不安になる匂い。
名も無き少年は目を覚ます。
外は暗い、どうやら自分が寝ていたのはソファの上らしい。
豪華な家具、広い部屋、そのどれもが自分には不釣り合いに思える。
??「ここは・・・?」
何もわからない。
なぜ自分がここにいるのか、ここはどこなのか、自分は・・・誰なのか。
ガチャッ。
??「!」
ノックも無しにドアが開く。
女提督「目が覚めたのね。」
そこには美しい黒の長髪の若い女性が立っていた。
??「すみません、どなたですか?」
少年は身体を起こしながら質問した。
零理「私は倉里零理、この鎮守府の提督です。」
??「鎮守府・・・。」
鎮守府、ここはどうやら軍の施設らしい。
??「あの、一つしつも・・・。」
彼の言葉は零理の一言によって遮られる。
零理「以後、貴方の質問に答えることはできません。」
??「え?」
零理が自分の前まで歩いてくる。
零理「貴方の名前は“潮田渚”、そうこれからは呼称されることになります。」
  「そして、もう一つ、現時刻をもって貴方を、佐世保海軍付きの“特殊予備兵”に任命します
   。」
  「拒否権の行使は認められません。」
渚「え、え?」
脳の処理が追いつかない。
零理「以上、後の詳細は明日の朝に説明します。」
  「この部屋を出なければ、部屋の設備は自由に使用してかまいません。」
  「何か用件がありましたら、部屋の前の者までお伝えください。」
零理は淡々と用件を述べていく。
渚「え、ちょっと、待ってください!」
渚はソファから立ち上がる。
零理「では。」
バタン。
零理は部屋を出て行ってしまった。
渚「・・・。」
渚はその場に立ち尽くした。
訳がわからなかった。
特殊予備兵とか言うのに任命された。
ということは、元々自分は軍人だったのだろうか。
それに、
渚「名前・・・。」
“潮田渚”という名前。
これは・・・、本当の名前なのだろうか。
記憶のない渚には、こんな簡単な問いですら難題だ。
窓から入る潮風が渚の髪を撫でる。
・・・きっと、今考えても仕方の無いことなのだろう。
潮風の入る窓を閉める。
渚「・・・寝よう。」
渚は再び眠ることにした。」
誰のものともわからないその名を抱いて。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事