旅ログ−私的絶景−

飴色ナシ・チャンプル~豚の丸焼き

2013/01/30 22:27 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ海外旅行
  • バリ
  • インドネシア
  • 食事

【追記:お詫びと訂正】この時一緒に行っていた、当時バリ在住だった友人から「これはナシ・ゴレンじゃなくてナシ・チャンプルです!」とツッコミが。そ、そうだったのか。任せていた&メモがナシゴレンだったんで勘違いしてました。てことで、修正。【追記ここまで】

食が旅の楽しみのひとつなのは異論を挟む余地がありません。ですが、勤務先の同僚にはそこに無頓着な人がいて、滅多に旅に行かないのは良いとして、旅先でも何の変哲もないラーメンやファーストフードを食べているのだとか。にわかに信じがたいですが、それで楽しいと言い切られると仕方ない。

てことで、今日は食べ物の写真。インドネシアはバリ島を旅した時に、島の中程にありますウブドという街で食べたナシ・チャンプルです。日本のアジア料理屋でも良く見る「ナシゴレン」に似ていますが、「ナシ」は「ご飯」、「チャンプル」は「混ぜる」という意味だそうで、ご飯におかずを和えた混ぜご飯だったり、おかずを添えたものもそういうらしいです。

このお店、「IBU OKA(イブオカ)」という店では、「バビグリン」と呼ばれる豚の丸焼きが食べられます。丸焼かれた豚は切り分けられ、ナシ・チャンプルに添えられるのです。恐らく、肉だけのメニューもあった曖昧記憶。

焼かれた豚はこんな感じで、店頭で切り分けられます。

飴色に焼かれた豚の皮に肉は、月並みな言い方ですがカリッとしながらジューシー。ご飯や他のおかずの味を引き立てます。てまぁ、4年以上前ですから正直味はしっかり覚えていませんが、美味しかったことは確か。お値段は25,000ルピア、日本円で250円くらいでした。

インドネシア、バリ島、ウブド「IBU OKA」(GoogleMAP)/2008年夏
関連テキスト:神と住む島~バリ旅道中膝栗毛3
関連フォトブック:バリ旅道中膝栗毛

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事