TOKYO HEADZ - 東京ヘッズ -

続ハンブルク日本映画祭特集『カセットテープ』レビュー(byシン上田)

2022/09/26 12:30 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
松本動監督は『公衆電話』(2018年)の1年後、本作『カセットテープ』を制作。
両作に共通項は多い。親子愛というテーマ。
そして出演者の顔ぶれ。
前作同様、娘役に菅井玲、父親役に入江崇史が出演。
ひとり娘の結婚を巡るオーソドックスな物語だが、それゆえ誰の心にも響くに違いない。
ラストはホロリとさせられる。

 

(レビュー担当:シン上田)
 



東京インディペンデント映画祭 続ハンブルク日本映画祭特集
『カセットテープ』23分 監督:松本 動

9dbc005e10242d33e5d63efabdde7739533046c4

◆STORY◆

咲は恋人から念願のプロポーズを受け、二人は一緒に父親のもとを訪れるが・・・。

そんな父娘の心を、懐かしい音楽の詰まった想ひ出のカセットテープが紡いでゆく。 

ごくごく普通の、ごくごくありふれた父娘の、どこにでもありそうな、

娘の結婚にまつわる、小さな小さな物語。



◆CAST◆

菅井玲、入江崇史、大迫一平、貴玖代


視聴リンク👉https://www.nicovideo.jp/watch/1662722404
期間:10/6(木)~10/19(水) 




シン上田プロフィール

 c3b20dd8aa7ac4256e496e984222fef3e7e15d44
 
東京生まれ。広告代理店勤務を経て出版業界へ。


その後、フリーランスのライター・批評家に。現在、映画を中心に芸能・プロレス・格闘技・食などのジャンルで取材・執筆中。
高円寺タウンマガジン『SHOW-OFF』でのコラム『昭和歌謡ロマン紀行』は連載11年目に突入。WEBサイト『シネマカラーズ』『エンカルチャー』『週刊ファイト』などにも定期的に寄稿している。  @shinueda2000





ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

TOKYO HEADZ - 東京ヘッズ -

東京HEADZ

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

TOKYO HEADZ

TOKYO HEADZ

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細