東京映画塾 Tokyo Accademy Of Film

『乱』は、最期の黒澤映画になる、と言われていた。「後世に、自分の映画作りの様子を伝えたい」

2016/11/02 10:04 投稿

  • タグ:
  • 東京映画塾
  • メイキングオブ『乱』黒澤明
  • NGビデオ
  • 映画
  • 邦画
  • 黒澤
  • イベント
  • 上映会
  • 江戸川橋
  • 無料

それを実現するために撮影されたのがメイキングオブ『乱』のNGビデオ集だった。

オープンリールで外には出られない1インチビデオがプロ機だった時代。
そこへ登場したのが世界初のカセットテープ型ビデオ録画機
3/4インチU-maticビデオテープ。
その小型録画機で『乱』の現場は記録された。
この1984年当時の最新技術があって初めて実現したのが
『メイキング・オブ・乱』の企画だった。(完成版は88分)

35年経った今では、そのビデオの再生機がどこにも売っていない。
1985年βCamの1/2インチビデオテープ出現で
3/4インチU-maticビデオは、プロの撮影市場から消える運命にあった。
これによって、150時間に及ぶ黒澤監督の『乱』記録ビデオはゴミになった。
保管場所の経費を製作会社が渋った結果、倉庫から消される事となる。

更に『乱』は最期の黒澤映画にはならなかった。
『夢』『八月の狂詩曲』『まあだだよ』
それぞれの映画でメイキング映像が撮影された。
『乱』の撮影記録はビデオとしての価値も下がっていった。
1998年黒澤明監督が、お亡くなりになるまでは・・・。

ところで、そんな風に幻と消えたはずの『乱』記録ビデオが
今ではYouTubeでいつでもどこでも観ることのできる。
それは何故か?
その謎を知りたい方はお越し下さい。

江戸川橋(有楽町線)4番出口→武心道ビル2階
2016/11/6 『東京映画塾』説明会イベントへGO!

黒澤明監督の意向で撮影された『乱』撮影現場記録のスクリーン上映会

場所:〒112ー0014 東京都文京区関口1-1-5 武心道ビル 2階

日時:11/6 日曜日 ①13:00~
          ②17:00~

ご予約・お問い合わせ先 電話090-8800-1400(8:00~21:00)

            メール tokyowebtv@msh.biglobe.ne.jp

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事