東北太郎のブロマガ

アウグストゥス帝からティベリウス帝の軍団配置

2021/05/03 14:27 投稿

  • タグ:
  • 古代ローマ
  • 歴史
AD9の軍団配置

全28軍団
ゲルマニア5個軍団
ラエティア2個軍団
パンノニア5個軍団
モエシア3個軍団
シリアからアフリカにかけて9個軍団
ヒスパニア4個軍団

Grand Strategy of the Roman Empire: From the First Century A.D.to the Third p47

一部軍団名がわからない
それと、AD6-9までパンノニア戦争へ最大15軍団投入しているから軍団の位置も流動的だったのかも

ティベリウス帝即位時の軍団配置
低地ゲルマニア 第1軍団ゲルマニカ,第5軍団アラウダエ(雲雀),第20軍団ヴァレリア,第21軍団ラパクス(強盗)
高地ゲルマニア 第2軍団アウグスタ,第13軍団ゲミナ(双子),第14軍団ゲミナ(双子),第16軍団ガッリカ
ダルマティア 第7軍団クラウディア,第11軍団クラウディア
低地モエシア 第5軍団マケドニカ
高地モエシア 第4軍団スキュティカ
高地パンノニア 第8軍団アウグスタ,第9軍団ヒスパナ,第15軍団アポリナリス
シリア 第3軍団ガッリカ,第6軍団フェッラタ(鋼鉄),第10軍団フレンシス(海峡),第12軍団フルミナタ(雷鳴)
エジプト 第3軍団キュレナイカ,第22軍団デイオタリアナ
アフリカ 第3軍団アウグスタ
ヒスパニア 第4軍団マケドニカ,第6軍団ウィクトリクス(勝利),第10軍団ゲミナ(双子)

The Roman Legions p.119
Legions of Rome: The Definitive History of Every Imperial Roman Legion p.90-187

この辺りになると軍団の位置が固定して来て軍団配置がはっきりしてくる



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事