Tiltのブロマガ

無知ゆえの勘違い(メガドラ関連)

2020/11/01 18:46 投稿

  • タグ:
  • メガドライブ
  • 周辺機器
30年ほど前のモニターには水平周波数というものがありまして
一般的に15/24/31Khzという3種類が存在してました。
当然、各PCが出力する水平周波数に対応していなければ映りません。(これが前知識)

さて、今回メガドライブ(MD)を引っ張り出した際に、とある変換機も発掘しまして
それが以下の『XMD-2 RGB/S』というものです。



これはMD本体からの映像出力をS端子及び
前述のPC用モニターに繋げられるという便利な機械です。
ついでにステレオピンジャックもあるのでスピーカーにも出力可能という逸品。



ただ当時は、何かノリで買ったは良いけどすでに21インチのTVがあったので
「わざわざ15インチのモニターに繋いでもねぇ」と放置してたんです。
で、今回発掘したのでRGB出力がどれくらい綺麗なのか見てみようと繋いだんですが
明らかに同期が取れてなくてまともに・・・どころかほぼ映ってない。
そこでなぜなのかを調べてみた結果、衝撃の事実が判明しました。

そもそもうちにあるモニターはPC98購入と同時に買ったので
当たり前ですがPC98の出力周波数である24Khzに対応してます。
でもその後に買った出力周波数15KhzのPC88も変換機なしで普通に繋がるので
うちのモニターは15/24Khz 両対応だと『勝手に思い込んでました』
それ故にこのXMD-2は15Khz出力変換のみなのですが
うちのモニターにも繋げられるはずだと『信じきってました』w

ですが色々調べてみると
どうやらPC88本体側で15/24Khzの自動切り替えをしてたらしく
結果からみるとうちのモニターは24Khz対応のみだったと・・・。
いやー、31年目にして発見することってあるんですね。

一応S端子出力もあるので(S端子⇔S端子ケーブルが別途必要)
全くの無用の長物というわけではないんですが、せっかく買ったのになんだかなぁと。
やはりこういうのはちゃんと調べてから買うべきですねw

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事