Tiltのブロマガ

PC9801原体験からの続き

2020/10/28 21:08 投稿

  • タグ:
  • PC9801
  • PC98
間が空きましたが前半は・・・って書いちゃったので後半でも。

さて、念願のPC98を手に入れてから私の生活は激変しました。
朝起きて学校に行って寝る。昼飯食って午後の授業も寝る。
放課後はバイトシフトに合わせてギリギリまでTRPGなどで遊ぶ。
バイトを終えて帰宅したら晩飯と風呂を迅速に済ませる。
あとは睡魔と戦いながらゲームゲームゲーム・・・。
お前は何しに学校に行ってるんだとw

ちなみに三年の後半はアホに拍車をかけてヤバかったです。
二学期の途中くらいにふと思いついて担任に尋ねたところ
「卒業に必要な出席日数」をすでに満たしているのが分かったので
最初は遠慮して一応仮病なんかを理由にしてたんですが、途中からそれも面倒になって
もはや学校にも行かずに昼間も延々とゲームしてましたw
三学期なんて朝からちゃんと登校したのが卒業式含めてたったの3日間というww
一応、1時間程度の遅刻や昼からの登校をしたりはしてたので
気が向いた時だけ現れるってことで、同級生から「名誉会長」の称号まで頂いてましたw

そうして時が進んで・・・
92年頃からVM21のCPU『V30』では動作が重いゲームが増えてきてまして
まだギリギリ「買い取りして貰える(≒処分料を取られない)」94年始め頃に
長年の愛機だったPC9801VM21を売りにいきました。
まぁ実際のとこは、SFCが全盛期になってきて
PC98にこだわる理由が減ってきたってのもありますが・・・。

しかし、ゲームに限らず往々にして「あるある」ですが
いざPC98が無くなると割と遊びたくなってしまうという状態になりましてw
95年春すぎくらいに2代目として「PC9801RA21」を購入しました(勿論中古)。
その後、間違えてブランディッシュ3の3.5インチ版を購入してしまった補填として
外付け3.5インチドライブを買い
いい加減ディスクの入れ替えが面倒になったのでHDD(500MB)を買い
再びPC98が私の中で流行するかと思いきや
前年に出たPSが全盛期を迎え始めたのでそちらにシフトしてしまいましたw

ただ、今振り返って非常に惜しく感じるのが
96~97年頃だったかな、Windows95が出てそちらが主流になってきて
PC9801系は「もはや過去の産物」になって投売り状態になってたんですよね。
かつては多くの人達の目を輝かせた98ゲームもワゴンに積まれて超底値。
「当時欲しかったけど買うタイミング逃したしなぁ」
・・・なゲームを十数本くらいはその時買っておいたんですが
どうして「ワゴンごと買います」とならなかった!当時の俺!w
MIDIを始めとする周辺機器も相当安くなってたのになぜ手を出さなかった!
今の98を含むレトロゲームの高騰具合を見ると本当に惜しかったです・・・。

そんなこんなで今に至るわけですが
まかさ2020年にもなって未だにPC98で遊んでる自分がいるとは
30年前は予想だにしませんでしたねw
でもまだまだ遊ぶよ!この長いPC98道を!(謎

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事