Thinerのブロマガ

ギャグ版クソノート8 (ドラマ版デスノート)

2015/08/24 14:33 投稿

  • タグ:
  • ドラマ
  • デスノート
  • 批評
  • 感想
先週の感想さぼっちゃった
言いたいことはあったんだけどね、めんどくさくなっちゃって
まあ見たよ8話

解放されたばかりのミサがなぜか魅上の使いに後をつけられて埋めていたデスノートを見つけた所で殴られて奪われたり
魅上の削除ポーズがヒグチカッターに見えたり
ニア(とメロ)が素手で人殺したり
Lとノートを殴りあいで奪いあったり
と、ギャグに磨きがかかっている

魅上の絡ませ方はなるほどとは思ったけどあのタイミングでなんで後をつけれるんだろ
ストーカーならまだ出来るかもしれないが仕事を依頼してるし
そもそも何を目的で依頼するんだ
あの段階で依頼できることってせいぜい後をつけるぐらいで強盗なんて指示出来ないだろ
月がミサに耳元でこっそり指示しただけだから目的は漏れるはずがないし、もはやミサが埋めてある証拠品を掘り返す前提で動いているとしか思えない

そしてミサは記憶が戻ることがなくなったわけだけど、改変したからにはこの伏線回収してくれるよな
まさか意味のない改変なんてしないだろうしな

魅上の削除シーンだけど声がアニメ版かと思うぐらい似てた
改変する割には演技の演出はぱくってるよね
6でも言ったけど月は映画版みたいな喋り方だし
なんだろ、やっぱり作品を作りたくて作るわけじゃないからそこまでこだわりはないのかな

しっかしニアが人を殺すとは思わなかったわ
メロを人形化して多重人格っぽくしたのはその伏線だったのかな
いくら原作で嫌われてたからってLの後継者をそこまでぶっ飛んだ事させなくてよかったと思う
ってか逮捕しないんですか?
いくらLが事件を解決したいだけの変人だとしても隠蔽はまずいんじゃないんですかね
そんなことが許されるならキラも許してやれよ

ところでLって実は天才じゃなくてエスパーだったって知ってた?
月がデスノートを最初に使った時の心情を事細かく当てていた
すごすぎるよL、プロファイリングの域を超えている
検事にノートが渡ったって情報だけでおそらく魅上を特定し魅上がガサ入れするタイミングを完璧に見極めてノートが奪われるのを阻止しつつ月に最後の決着を付けに行くことができたのも人の能力を超えている
まあだいぶ前から俺負けるかも的な事をニアに言っていたしエスパーの素質があるのは気づいてはいたが・・・

あまりのエスパーぶりに月は涙目になりながら否認していたが、そこまで追い詰めるエスパーも第三者に証明するのは大変
最後の賭けとして偽物のノートに夜神月の名前を書こうとして殴り合いの奪い合いに発展する
ってかもう最後まで書ききってなかった?
これがノートは偽物だという伏線だったのかもしれない
そんなことは関係なしに、L.Lawliteという名前が判明した時から「あ、これ偽物だな」って気づいちゃったけど
原作の最後がそうだしね

まあそんなわけで勝利を確信した月は自白してしまったわけだが、もちろんLは死なない
しかし次回予告では普通に新章が始まるとネタバレされてた(クライマックスとも言われてたがw)
俺も予想という名目のネタバレしてやるよ
俺の中では確信してるから原作を知らない人はここで戻ったほうがいいぞ



来週、Lがレムに殺されます









あ、そうそう
突っ込みどころはかなりあるけどドラマとしては結構面白くなったぞ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事