Thinerのブロマガ

宝石の国 中間感想

2017/11/26 08:25 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 感想
  • 批評
  • レビュー
いつも1話ぐらいしか感想を述べてないので再度述べようと思う

世界観・敵・キャラクター・掛け合い どれをとっても独特かつ引き込まれる
はっきり言ってそれぞれのシーンを見たらそんなに大きな動きはない
でも引き込まれてるから24分があっという間に終わってしまう

普通奇抜なものってのは陳腐であったり、意味不明すぎてついていけなかったりするものだが、これには美を感じる
美を意識して作ってるのか作ってないのか
いや、意識してるだろう
それはOPの映像から伺える

また、美を感じるのは映像だけじゃない
キャラクターの演技も細部に渡ってこだわりを感じた
はっきりとしたことは言えないが、普通のアニメとはトーンが違う気がする
特にフォス
おちゃらけたキャラだが、素直で純粋な部分が声として前面にでている
声優の演技力がすごいのもそうだけど、監督の注文が良い、もしくは方針だけがっちり固めてそれを丸投げする方向でやってるのかもしれない
想像でしかないけどさ
とにかく素晴らしい出来だよ

さてストーリーについてだが、ストーリー・・・というか世界が素晴らしい
こう言ったら聞こえは悪いけど、特別なストーリーは今のところない
骨組みを作り、キャラクターを登場させ、出てきたらあとは自然な流れに任せる
この自然な流れに任せるというのがすごく難しい
大体の作品は言いたいことを言わせたがるし
酷くなればそれを言わせるだけのためのキャラまで出て来る
でもこれは世界ありき、キャラクターありき
そこに別のキャラクターを放り込めばこうなる
それぐらい自然

まだまだ言いたいことはあるがこれぐらいにしとこう
主人公フォスの存在とかね

あー金があれば円盤買いたいな


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事