Thinerのブロマガ

少女終末旅行 感想

2017/10/07 09:10 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 批評
  • レビュー
  • 感想
出だしから神アニメ臭を感じたが、思ってたのと違った
これはドキュメントの沿線上だと感じた
一般的な系統として日常物に当たるのだろうが、本質的には風景(少女込み)と音で楽しむアニメ(1話は)
展開を期待すると退屈でしょうがないが、映像はまぁまぁ良し、音も結構こだわってると思う
しかし、ドキュメントとしてみると実写作品のほうがすごい

こういった映像作品は対象物をどう表現するかで全てが決まる
カメラアングル、演出、細部にわたって対象物の魅力を全力で表現しなければすぐ面白くない物として切り捨てられる
それを毎週23分の映像作品にするのは至難
いくら自由に絵を作れるアニメという媒体でも、短期間で全てに全力を注ぐなんてことは不可能だ
個人的にはこの方向性は新しいし応援したい気持ちもあるが、制作の現実問題として可もなく不可もなくになる可能性が高い
今後はもっとキャラ寄りになっていくのではないかと予想する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事