情報中毒の文章練習

『モンハン』の新作を楽しみに待てる理由=セーブデータは要らない他

2015/12/01 06:42 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
先日、友人たちと酒を飲んでいた際、『モンハン』の話になった。

メンバーは、
『モンハン』マスター、全武器を使いこなし、HR数百は当たり前の玄人氏と、
『モンハン』は2ndからつまみ食い、近距離武器数種が使えるだけの万年ソロ・自分と、
『モンハン』はやったことがないぜ、のシロ氏の三人。

シロ氏「モンハンってどこが面白いの?」からのトークで出てきたあれこれから書いてみる。



玄人氏「やっぱりデカいモンスターを狩れた時の爽快感があるね」
自分 「ですね。なんか、巧くなって倒せた!って感じあります」
シロ氏「それは別のゲームでもあるじゃん。『ゴッドイーター』とかも」
玄人氏「まあ、確かに見た目は似てるけども」
自分 「モンハンって修行とか強化っていうより勉強くさくないですか?」
玄人氏「それあるわ。知識で狩りしてる
シロ氏「知識? レベル上げじゃなくて?」
玄人氏「モンハンにはレベルないから。装備集めとか、お守り採掘とかはあるけど」
自分 「しかもそれ、結構後半からですよね。ソロ用(村クエ)程度だと、そこまで全力出さなくても足りちゃいますし」
シロ氏「それでもさ、レベル上げの代わりに装備集めしてるだけじゃね? 形が変わっただけでさ」
自分 「ううーん……なんというか、モンハンは知った知識がまた使える!感があるんですよ。似たモンスターとかだと、行動も似てるから、対処法も似てたり
玄人氏「逆に、ほんのちょっとの違いなのに劇的に対処が変わったりもするよな。それも基本あってというか。しっぽをぶん回してきた時はこう避ける、みたいなのが分かってくると楽しいわけ」
自分 「あー、それあります。対応できるひとつひとつは小さいんですけど、ある閾値をこえると、それが討伐に結びつきますよね。ブレスが避けられるようになった、とか、この小さい隙にも攻撃できるようになった、とか。一個一個は数字では見えなくて、体感だけがあるんだけど、ある瞬間に大きい結果で表れるから、達成感がでっかい」
シロ氏「へえ。数字は出ないんだ」
玄人氏「武器や防具は数値出るけど。ダメージは出ないから、相手の体力は勘だよ。あ、いや、違うわ。角折れたり、足引きずったりするから、勘じゃないわ。知識。いつの間にか分かってくる。つか、そういう基本を示してくれるモンスターが序盤に設置されてる
自分 「イャンクック先生! そのへんが勉強感ありますね」
シロ氏「勉強か……知識がでかいんだな」
自分 「ですよ。そりゃテクニックも少しはありますけど、知識は相当でかいです。そうだ玄人氏、新作出たら買いますよね?」
玄人氏「当然」
自分 「これですよ。モンハンはセーブデータを捨ててもいいんです」
シロ氏「え、どういうこと?」
自分 「データが強くなってるんじゃなくて、自分がうまくなってる感覚なんでしょうね」
玄人氏「確かに。もし今セーブデータ消えても、ちっとはがっかりするけど、まあ普通に最初からやる」
シロ氏「……なるほど」
自分 「今急に、モンハンはボルダリングに似てるって思いました。新作に求めるのは新しい地形、新しいコースなんですよ!」
シロ氏「モンハンをボルダリングに例えるのかよ」
玄人氏「でも一理あるかも。あるいは不思議のダンジョンな。常にレベルは1から始まるだろ、あれ。あれも上達するのは自分で、データが強くなってるわけじゃないし」
シロ氏「そういう意味じゃ、実はRPGよりは格ゲーやパズルゲーに近いのか……」




自分 「モンハンは忙しいのが好きです。やることが多い感じが」
シロ氏「そんな感想初めて聞いたんだけど」
玄人氏「いや、実際忙しい。状況に応じてやることを臨機応変に変えてかないと。もちろん事前準備もめちゃくちゃ重要」
自分 「特に、3DSで2画面になったじゃないですか。頭の中も割ってる気がします」
玄人氏「相手のでかい攻撃を離れて避けてる間にアイテム調合したり、罠しかけたり」
自分 「寒いとこなら身体をあっためるドリンク飲んだり」
シロ氏「地味!」
玄人氏「モンスターハンターとは言いつつも、けっこう採取とかも重要だから」
自分 「あれもやろう、これもやろう、今のうちにこれしなきゃ、とか、けっこう忙しないんですよね」
シロ氏「なんか、見てるとロードを頻繁にしてるイメージなんだけど。むしろ待ってばっかりに見える」
玄人氏「移動の時とかか。あのロードの間に頭の中を整理してるから、別に気にならない」
シロ氏「移動中に考え事って、まるで仕事だなおい」



シロ氏「マルチプレイは必須?」
自分 「マルチできる人はいいなと思います。ソロ死ぬ。きついです」
玄人氏「最近のは一応ソロ用のクエストがあって、そっちが長めのチュートリアルみたいなもんだな。集会所は複数人だと難易度すごく下がるし、というか、マルチ前提の難易度調整だろあれ」
自分 「一緒にやるトモダチいません。オンラインこわい」
玄人氏「かといってソロはそれなりにマゾいと思うけどな……俺がやってるとこ来ればいいよ。手伝うよ」
自分 「さすが、面倒見がいい先輩。その時はぜひお願いします」
シロ氏「そんな違うのか。2人だったら2倍楽になるとか?」
玄人氏「いや、もっと楽になる。2倍以上の効率になる。最大の4人だと見違えるように違う」
シロ氏「なんで?」
玄人氏「うーん……人数が2人になると、まず狙われる頻度が2分の1になるだろ。あと、誰か1人がやればいいことはどっちが担当すればいいから、そのぶんの手数も浮く」
シロ氏「狙われる頻度ねえ」
自分 「……一人だとずーっと狙われるわけですよ。回避してる間は基本、攻撃できませんから……くっ……リオレイア三連続……へっぽこランサーにはきつすぎた……」
玄人氏「それは武器を変えようぜ」
自分 「当時はそんな腕ありませんでした。今もないですけど」
シロ氏「やっぱり誰かと一緒に遊んだほうが楽しそうだな」
自分 「モンハンはデスペナがほぼないと言ってもいいんですけど……クエストに失敗すると、長い時間を無駄にした感がありましてね……」
玄人氏「あー、それはある……意味がなかった、ってことになるからな」
シロ氏「どういう意味だよ」
玄人氏「全面的にリセットされる、ぐらいで考えりゃいいよ」
自分 「45分戦って得るものなしだったりするわけですよ!」
シロ氏「うお。そりゃきつい」
玄人氏「だからまあ、勝つために真剣になるし、無茶な戦いはしないし。勝てる見込みに関してはすげえ真剣に検討するよな」
シロ氏「やっぱ、何かがかかってたほうが真剣になるもんな。なるほど。真剣に遊ぶ気になりやすい、ってのはいいじゃん」



 こんな感じ(記憶だよりの少しねつ造)。あとテキスト強調の練習。
 
 個人的には、「データが強くなっているわけではなかったんだ」というのが今更ながらの発見だったので、印象的な会話だった。
 シロ氏が『モンハン』を始めるかどうかは不明。
 『クロス』、どうしようかなあ……

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事