品陀リウキ(著者) のコメント

品陀リウキ (著者)
No.15 (2015/10/03 20:30)
いやだいたいそういう流れで合ってると思いますよー。

 そういった流れで、アメリカの製造業は壊滅して、なんとか立て
直そうとしてはいたものの、中国・東南アジアなど人件費を安く
抑えられる国々への工場進出が止まらなかった所が、中国の人件費
がもう先進国並みになり、中国株が暴落し、国内のモノづくりを
見直さなければならなくなった矢先に、今度はヨーロッパを揺るが
すVWの騒動ですからね。

 たとえ、モノが余ってしまったとしても、モノの品質が落ちれば
本末転倒、というのが今回の教訓だったわけですが、まだまだ製造
業は逆風が強く、今はサービス業が繁盛してる状況ですね。

 モノが余ってるなら、モノにココロ(サービス)を込めて、それ
に対価も支払われなきゃいけない状況にならざるをえないように
これからはなってくんじゃないか、とは思うのですが。

このコメントは以下の記事についています