とまと船 のコメント

とまと船
No.4 (2015/05/29 13:58)
>荒ぶる無垢の神・素戔嗚尊

なるほど! とピッタリくる表現ですのぜ!
スサノオさんは、高天原で色々やんちゃをしたけど、そもそもそれを受けて「天つ罪」(田んぼの畦を埋めたり、など)が出来たような流れがあると思いますのぜ!つまり、スサノオさんが高天原で荒れる前は、「天つ罪」が制定される前の話であったがゆえに、断罪も出来る状態やないわけですな!
追放後、大泣きをして「母(イザナミ)の国である根の国に行きたい」というところからも、「荒ぶる無垢」の面がハッキリでているのぜ。

そのあと、オオクニヌシに試練を課すあたりでは、すでに「知性」がある状態なんやろね!その象徴がおそらく、「生太刀、生弓矢(イクタチ、イクユミヤ:スサノオの武力、政治的支配力の象徴とされる)」と「天の詔琴(アメノノリゴト:スサノオの宗教的支配力の象徴とされる)」ということかもしれんね!そしてこれらはオオクニヌシに引き継がれ、その支配力となるんやね! …という、古事記解釈をしてみたのぜ!

このコメントは以下の記事についています