品陀リウキのブロマガ

哲学随想を試しに書いてみる。38

2015/04/30 11:52 投稿

コメント:20

  • タグ:
  • 教育・教養
  • 哲学
  • 死生観
  • 存在論
さて、ここで至極ありふれていながら、究極の難問を問う必要が出てくる。
それは・・・

「あなたは死ぬのは怖いか?」


 ・・・という常に古くて新しい問いである。

 死の恐怖の問題は多分に個々人の孤独な問題で、各種各様の解答はあって当然だし、もちろんそうあるべきなのだが、ここにおいては、この問題は世間的には

「あなたは闇が怖いか?」

 という問題と同じものであることを指摘し、かつその誤謬を批判しておかねばならないだろう。

 結論から言えば、


 死を恐れる、ということは論理としては、絶対に不可能である。


 世間で恐れられる「死」とは実のところは、闇・・・すなわち、無明・無知、不可知、なのである。
 死を恐れることが不可能なのは、死の本質が無だからである。

 「無いもの」を恐れることは出来ても、無いもの、を恐れることはできない。

 煩悩を超えた無の境地の仏の明鏡止水も、死はハデス(冥府)に赴くか夢を見ない眠りかのどちらかだ、と最期に言い放ったソクラテスの泰然も、これに基づく。

 0からは何も生まれず、よって、無や死そのものから恐怖や不安や絶望が生じることもまた、絶対に有り得ない為、ここで問題になるのは「」付きの「無」すなわち「無いもの」の方である。(このように、「」付きで表現される、定義をもって定立される有限な存在・有を『定有』という。)


 恐怖も不安も絶望も「無」である以上、確かに存在する有るものであり、それゆえ虚無もまた、無、そのものではなく、れっきとした実存なのである。

 キルケゴールが不安の原因とした無も「無」であることには気を付けなければならない。

コメント

品陀リウキ (著者)
No.18 (2015/05/10 17:39)
ふんまにもうw

 この先本当に直接お会いすることがあるなら、きっちり殴った
上で今度のことは後々までネタにしますからね?w

 実際、自分も上に挙げた師と関わりがありながら、その死生観
がわからず、家族がありながら働き盛りで自殺して周囲を不幸に
した後輩の父親を現実に見てたりしてますからね。
 本当に死んじゃう人の雰囲気はそれなりに想像がつきますし、
ロランPさんとは「アイドルで自殺を根絶しよう。」と同意した
矢先なんですから、そんな試すようなことされると、自分も
見くびられたものだ、というほかないですよw


 それと、オカルト関係では、この哲学タグ検索で出てくる
りりとさん、て方が主に水子関係でいろいろ書いてますね。
あの線で行くとやはりとまと船さんの言う通り、自殺者とい
うのはろくなことにならないんでしょう。

 哲学関係では、エゴイズムの極致で自己を完全に支配した
い欲求から自殺する、という話は一昔前に結構あったようで
すが、個人を巡る歴史や慣習・制度がそれなりに発達してき
た現代では、そんなのぼせた自殺よりもむしろ、労働や対人
関係で不自然にエスカレートする加虐的空気が人を自殺に
追い込むいわば、間接的殺人としての自殺を解明することが
急務なようにも思われます。
とまと船
No.19 (2015/05/10 18:08)
>ロランPさん
ご心配かけてたらスンマセン! 悩みは今、特に無いです! 強いてあげれば、うつの影響で「疲れやすい」ってコトかなー?2ちゃんのスレは、昔に、、劣等感で苦しくなってた時期に見つけました。あれ結構長寿スレで2008年あたりからあります。
ゴーマイウェイの曲、ご紹介ありがとう! ちょっと聴いてみようかな、と思います。普段聴くものはもっぱら、YoutubeのASMR(音フェチ)関係の動画です(曲ですらない・・・)。

>そもそも、この世界には無数の素晴らしいものがあるんですよ。
この表現すばらしいのぜ! 確かにそうなのぜ! 視野が狭くなると、見逃しちゃうことが多いのぜ。 いい言葉なのぜ!

>品陀リウキさん
りりとさんのブログ、チラっとみましたのぜ! リアルな感じで書いてあって、怖かったです~(基本は怖がりです)
労働や対人関係→鬱からのコンボは現代わりとあるみたいですね。労働者が死を思うほど苦しむような事態、、、なんとかなくしていければと思っています。
自殺根絶、私にとっても夢です!みんなが楽しく暮らせる社会、すくなくとも仕事で死なない社会がいいです!
とまと船
No.20 (2015/05/10 21:10)
ロランさん、ゴーマイウェイの曲きいたのぜ!
歌詞がグッときました。うまくいかないことがあっても、実は視野を広げれば色んな道がある色々やれるいうことやな!
マイリスしといたのぜ~!そして我々はみんな、仲間なのぜ!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事