ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ビタミンCのブロマガ

アヴィーチーの名曲“Waiting For Love”を訳してみた

2017/07/13 02:32 投稿

  • タグ:
  • Waiting
  • Love
  • アヴィーチー
  • Avicii
  • Simon
  • Aldred
  • 名曲
  • 歌詞
  • 洋楽

アヴィーチーの“Waiting For Love”は名曲なんだが、ネットで調べると適当な訳しかなかったので、ほぼ全部自分で訳し直してみた。文法的には中学で習う英語の知識が完璧であればほぼ全部訳せる。

というわけで御覧ください。

“Waiting For Love” Avicii

[Verse 1]
Where there’s a will, there’s a way, kinda beautiful
And every night has its day, so magical
And if there’s love in this life, there’s no obstacle
That can’t be defeated

[Verse 2]
For every tyrant a tear for the vulnerable
In every lost soul the bones of a miracle
For every dreamer a dream we’re unstoppable
With something to believe in

[Chorus]
Monday left me broken
Tuesday I was through with hoping
Wednesday my empty arms were open
Thursday waiting for love, waiting for love
Thank the stars it’s Friday
I’m burning like a fire gone wild on Saturday
Guess I won’t be coming to church on Sunday
I’ll be waiting for love, waiting for love
To come around

[Verse 2]
We are one of a kind irreplaceable
How did I get so blind and so cynical
If theres love in this life we’re unstoppable
No we can’t be defeated

意志あるところに道あり、それって何だか美しいだろ
すべての夜には対になる昼がある、なんて魔法だろう
もし愛が人生にあるのなら、何の障害もない
愛を打ち負かすことはできない

どんな暴君にも弱い者のための涙がある
すべての失われた魂には奇跡の骨がある
すべての夢追い人には誰にも止めることができない夢がある
信じるための何かと一緒の

[Chorus]
月曜日はオレをぶっ壊したままにして
火曜日にオレは希望と関係を切る
水曜日にオレの空っぽの腕は開かれ
木曜日には愛を待つ、愛を待つんだ
ああ星たちよ感謝します今日は金曜日
オレは炎のように燃えワイルドになる土曜日
日曜日にはオレはきっと教会には行かないと思う
オレは愛を待ち続けていることだろう、おとずれるべき愛を待ち続けているだろう

オレたちは代わりがきかない類の人間だ
どうしてこんなに盲目でひねくれてしまったんだろう
もしこの人生に愛があれば、オレたちはもう止まることはない
誰にも打ち負かされることがないんだ


歌詞の一言一言に無駄がなく、名曲だ。ヴォーカルのSimon Aldredの声も、ちゃんと歌ってるときのマイケル・スタイプ(R.E.M.)みたいな硬質な声で、曲の永遠性に貢献している。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事