旗本テンツクのブロマガ

ひぐらしのなく頃に 業 考察 ループ編①

2021/03/23 17:31 投稿

  • タグ:
  • ひぐらしのなく頃に
  • ひぐらしのなく頃に業

神経衰弱のアレについて
まあ、やんなくてもいいべと思っていたが
意外と同じように考えている人があまりいないのかもしれないので
いちおうやっとく

神経衰弱のシーンをみると、まるで時間を巻き戻しているように見える
梨花にもできると言っているので、死に戻りであると仮定する。
それらの両立、可能なモデルについて。時間遡行のように見える死に戻りについて

とりあえずは、準備をしよう。まあ、らしく見せるためで、必ずしも必要ではないが
即効性の毒薬。できれば苦痛が少ないもの。あと不溶性のカプセル。
23話では、あれ?入江が協力してる?とか考えましたが、24話では沙都子が入江診療所の奥を徘徊しているシーンが。ああ、これは勝手にパチってますなあ、うん。
まちがったカードをめくる。指パッチンと同時に奥歯に仕込んだ毒薬のカプセルをかみ砕く。これで、死に戻りが比較的簡単にできる。なんだが、それでなにをやってるかというと、うーん…

旧作からの情報。
ひぐらしのなく頃にでは、かけらによって同じ日付でも天気が異なることがあります。
これは、天候のような不確かでランダムな要素は、バタフライ効果によって変化し、かけらによって異なると説明されています。
同様に、部活の内容も詩音の気まぐれに左右され、ランダムな要素となっています。
トランプのシャッフルは本来、ランダムを生み出す行為で、上記根拠を言うなら、必ずしも同じ結果を生み出さないはずです。
まあ、アニメ的なご都合ですりぬけても構わないのですが、

もう一つ、
旧作では、心の力が弱くなっているので、過去にさかのぼる力が弱くなっていると語られています。なるほど。
遠い過去に行くには大きな力が必要と、では力を弱く、極小に調節して、直近の過去に戻ることは可能かどうか?例えば、数秒前とかに?
こう、おやつ感覚でちょちょいっと死ぬと3秒前に戻るとかw
前作の梨花ちゃまは絶対に試そうともしなかったことだろうが、どうか?
沙都子は、梨花よりなんでもうまくこなす。
沙都子は梨花より要領がいい。どうだろうか?

リスポーン地点がトランプがテーブルに置かれた後なら、たとえ、シャッフルがランダムを生み出そうが、トランプの配置は変わることはない。どうかな?どうか?

失敗するたびに数秒死に戻り、成功するまで繰り返す。この方法なら主観ではあのシーンが成立する。主観だけで認識するなら事実上、時間遡行と同じと考えてもいい。もっとも失敗した世界のほうは、死んだ沙都子の死体が死屍累々、まあそれはそれで沙都子にとってはどうでもいいことかもしれない
だがしかし、いやだって、それはそれはそれは…

そもそも、ひぐらしのループはこう!





カケラはひとつひとつが平行世界であり、リスポーン地点からしてちょっとずつ背景が違っていたりします。

それに対して沙都子のループはこう!



死んだら時間が巻き戻り、その時点から株分けするようにかけらを作りリスポーン。

梨花が先に死んだ場合は、エウアは梨花がいったカケラに連れて行ってあげるよ、と。
沙都子が先に死んだ場合には触れてないわけで、先に死んだら詰むとか、いかんとも言ってないわな。辻褄はあうか?

あと、沙都子のループが巻き戻しである根拠はある。
沙都子の最初のループは、祭囃しルートだった。
アレはカケラの中でも激レア中の激レアなので、ランダムに選んでいたのでは決して拾えないカケラだ。だけど、沙都子はそもそもが祭囃し出身なので、巻き戻して株分けした世界なら、自然と祭囃し準拠ルートになるわけで。あれ、辻褄はあうな。

あー、あー
これ、ひょっとして、繰り返す者の標準能力って、沙都子のケースのように巻き戻しじゃねえの?
ほら、羽入がポンコツなんでリスポーンの軌道がそれてパラレルなカケラにいってるとかw
まあ、そのへんはわかりませんが。上記モデルなら、いろいろと説明がつくのかなと

ただ、そうなると沙都子の考え方というか価値観について、あらためなければいけない。
沙都子の死んだ世界の梨花ちゃまはルチーアでポエムひねってるわけですよ。沙都子は別にそれはきにしないらしい。
別に、梨花に罰を与えるとか、すべての梨花は雛見沢を裏切ってはいけないとか、別にそういうわけでもないらしい。
最終的に自分の選んだ世界に、自分の鳥かごにとらわれた梨花がいさえすればいい。
なんかそんなニュアンス。当然か? 自分が死んだ世界のことなんて、どうでもいいっちゃどうでもいいもんなあ? しらんけど

たった一人の梨花を追いかけると言っているが
騙し編を経由した梨花であっても、死に戻れば時間を遡行しただけで、同じ梨花ちゃまがもう一人いる。
自分が選んだ梨花がホンモノのたった一人の梨花。沙都子がそれを納得しているのであれば、上記モデルで説明がつく。

そうなると猫騙し4で拳銃を構えた沙都子は、自分の頭を打ちぬきますわな
沙都子に逃げられ、かつ真相に気付いた梨花は、果たして?

あ、もうちょっと続けよう。うん

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事