旗本テンツクのブロマガ

ひぐらしのなく頃に 業 考察 騙し絵編②

2020/12/29 10:35 投稿

  • タグ:
  • ひぐらしのなく頃に
  • ひぐらしのなく頃に業
さて、嘘映像検証
頭からいきましょう。鬼騙し編ですわ。
いや、分かりやすい。第4話 鬼騙し編4 レナと圭一の対決シーンですね
人間あんなに血ぃとかでませんやん。圭一丈夫すぎやし
あと、おなかにあんなブラックホールついてる人おらんですねw
だいたい時計やで。大事な対決シーンで時計てwwww
いや雛見沢症候群による幻覚だって?同じようなもんですわ、幻覚かてどうせ現実でないウソんこですもん。幻覚とするのも、嘘とするのもなにが違うのかわかりまへん

てなわけで、鬼騙し編にも嘘映像あるかもねということで、おしまい。

といきたいんですが
僕は割と、自分の気になること以外どうでもいい人なんすけど
気になる人はいるみたいですね。
圭一がレナを殺してるんだとしたら、魅音や大石が優しすぎないかと
どうでもいいじゃないですか、どう考えても正当防衛なんだし。
そこから派生して、圭一はレナを殺していないんじゃないか説とかもあります。
ああ、それはおもしろいですねえ、検討していきましょう。

前原家のリビングで気絶した圭一が発見されます。
同じ部屋にレナの死体。この状況で圭一がレナを殺してないと誰にでもわかるケースを考えます。考えました。レナが誰がどうみても自殺したとか思えない死に方をすればいいですね。

ああっ、そういえばひぐらしではそういう死に方をする病気があるんでしたー
さらに!なぜか!レナはその病気を発症しててすでに末期らしいですぞ!!
スゴイナーグウゼンダナア

というわけで、レナには今回、首を掻きむしって死んでいただきます。
本編と全然違うって? いや、だから嘘の映像をみせられてたんですってば
前作経験者はつい、あの時計はホントはなんだったのかとか考えちゃいます。俺だって考えます。でも、嘘だってなら完全に違う映像が真相でもいいんですよ。

病室のシーンのセリフから適当に組み立てると
レナに包丁で腹をつかれる圭一、うわ痛いなにすんねん!
腹部を押さえながらたじろぎキャビネットまで後退、ふいに手に固いものがあたる、時計のそばにあった花瓶。がむしゃらにそれをつかむ。
レナが包丁を構えてつこっんでくるのに合わせ、側頭部にそれをたたきつける(嫌な感触)
吹き飛ぶレナ。たが、横たわることなくゆらりと立ち上がりゆっくりと近づいてくる。あははははははは!
うわもうだめだ!出血でめがかすんできやがったほいほい
勝ち確を確信したレナの高笑い!髪をかき乱しありえない勢いで首を掻きまくり狂気の笑い声のなかで、圭一の意識は薄れていった「ああ、おはぎたべたかったなあ」

みたいな
この説の利点はたぶん、全然ことなるシーンをかぶせて見せられたことにできること?
あと、この説の肯定要素として病室で手に残った感触を覚えているっていってることかな?
あれが、幻覚で圭一の認識だとするなら、あのシリアスなシーンで、レナを時計で殴った感触を覚えているって言ってるわけで
え?圭ちゃんそれちょっとおもしろくない??絵的に、無駄にwww

まあ言ってる本人が、半信半疑でよくわかってない話なんですが
いちおう、検証は続く。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事