GIRAのブロマガ

GBAソフトの電池交換やってみた

2014/04/27 00:47 投稿

  • タグ:
  • GBA
  • 電池
  • ロックマンエグゼ
  • ゲーム
GBAソフトの発売が古い方やつには内臓電池が切れてセーブができなくなるものがあります
今回はその交換について
(探せば普通にある情報ですw)

必要なもの
①Y字ドライバー ②ボタン電池 ③セロテープ ④小さめのードライバー
自分の使った①・②は


   特殊精密ドライバー Y型 No.17-C



       CR1616

簡単に書いていくと
まずソフト裏側のネジをY字ドライバーで取る(これでY字ドライバー閉める時まで放置
ネジを外したらソフトの名前が書かれてる方を下の方に、後ろ側を上方向にスライドする
無理に引っ張ると割れます

外すとこんな感じ↓

基盤の右側にある丸いやつが交換する電池です ここからが大変
電池を基盤から外すには電池についてる鉄を剥がす必要があり ここで-ドライバーの出番です
(剥がす部分が分かりにくい人は次の写真見て)
地道にードライバーでコリコリ剥がしていってくださいw
(自分はテコを利用してやっていきました)
決して千切れたりしないよう注意

やっと剥がしたと思いきや↓

裏面にもあるんですね はい
この裏側のやつも先ほどと同じように剥がしていきます(個人的に裏のほうが剥がすの難しかった)

剥がし完了
(剥がす時に鉄の部分がボコボコにしてしまったら机とかに押し付けてある程度まっすぐに戻しておくといいかも)
ここまでくれば後は簡単

電池の+と書かれたほうを下に向け剥がした電池のように挟んでセロテープで固定します
                   ↓

こんな感じで斜めにまくといいと思います
後は蓋をしてネジをとめ 元通りにして電池が動いてるか確認です
電源を消してもセーブデータが残れば成功
残らない場合新しい電池の取り付けが甘かったりしている可能性があるので再チェック


ロックマンエグゼでは1~4までがこのタイプですね(4はソフトの色が赤・青がこれ
黒からフラッシュメモリになります)

  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事