ユーリカ/低のブロマガ

【ミリオンライブ】ミリオン1stライブで気になって気になって気になったこと

2014/06/08 02:12 投稿

コメント:3

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • ミリオンライブ
ミリオン1stライブ、1日目に参加して参りました。
とても楽しく、記念すべきライブになったと思いますが
個人的に気になってしまったことがあるのでメモしてみます。


・ミリオンライブのゴールってどこ?
今回のライブでは、もちろんパフォーマンスも楽しみでしたが、
765プロやシンデレラとは違う「ミリオンライブならではのもの」
を見せてくれるのでは、と期待して参加しました。

その点については、正直あまり見えなかったなぁ…というのが
個人的な感想としてあります(0608で変わる可能性も大ですが)


・ミリオンライブの特徴ってなに?
今回のライブで改めて思いましたが、キャストの方がみんな可愛らしい。
ステージの幕が上がったとき、本物のアイドルのライブに来たようでした。
そして、良くも悪くもこの「若くて可愛らしい」というのが
今のミリオンライブの最大の特徴になっていると思います。

ライブのパンフレットに、ディレクターのこんな言葉がありました。
「未完成であることがこそが、アイドル達にとって最大の武器である」
言わんとすることはよくわかります。そして恐らく正しいのでしょう。
僕らの多くは、アイドルにパーフェクトなステージを求めていませんから。


・それって本当にミリオンライブの特徴?
ですが、ちょっと引っかかるものがあります。
コンテンツとして「若くて可愛い」ことも「未完成である」ことも、
今のミリオンライブの強みであって、強みだけでしかないんじゃないか。

可愛い女の子が見たければリアルアイドルを観に行けばいいし、
未完成のコンテンツを追いたければ、次のクールのアニメを探せばいい。
「それってミリオンライブでやらないとダメなのかなぁ…」なんて思ってしまいます。
(こちまさんの「ダメぇ〜?」とか聴きたかったね)


・改めてミリオンライブの特徴
今回のライブで、とくに目についたことがあります。
それがキャストの仲の良さ。そして先輩の後を追おうという姿。
可愛い女の子がきゃっきゃうふふしていると、
なんだかそれだけで嬉しくなってしまいますね。

仲良きことは美しき可奈、実に良いことだと思います。
でも、ミリオンライブとしてのゴールが見えない以上、
なんだか「仲良しのための仲良し」に見えてしまいます。
それが良いことか悪いことかはわかりません。
(それこそ私の思い込みに過ぎないかもしれないですが)

他にもこんな挨拶がありました。
「ミリオンスターズってみんな良い子たちなんですよ」
これも良いことですよね。そしてきっと本当のこと。
でも、やっぱり「良い子」なだけじゃ物足りない気持ちもあるのです。


・まだまだミリオンスターズの特徴
先日、765プロのキャストを音声学から分析したブログが話題になりました。
結論としては、「765プロのキャストには声質に大きなバラツキがあり、
それが強みとなって楽曲やパフォーマンスの幅が広がっている」
というものでした。きっとご覧になった方も多いでしょう。
私の聴く限りでは、シンデレラガールズもその範疇です。

対極に挙げられていたのがラブライブやAKBです。
こちらは合唱のときのハーモニーがとても心地いいという特徴があります。
一概にどちらが悪いという話ではありません。方向性の問題のようです。

そして、ミリオンライブは後者の要素が強いように思えるのです。
これが先ほどの「仲良し」と繋がって、ミリオンスターズは、
「みんなでひとつ」という印象を与えやすいのではないでしょうか。
(最初から全員にキャストが付いていたり、ユニット曲が多いなど
 そのようなディレクションがあるのかもしれないですね)

繰り返しになりますが、この「仲良し」が悪いことだなんて言いません。
でも「ゴール」が見えないのだから片手落ちの印象があるな、ということです。


・ミリオンライブはどこへ向かう
どこに向かうんでしょうね。大きく2つの道があるように思います。

1つは、良い子で統一感を大事にしたままゴールを設定すること。
その場合、強みは今の通り、女の子が「若くて可愛い」ことです。
例えるならラブライブのように、アイドルとキャストを
同じくらいプッシュすることになるかもしれません。
キャスト全員とは言わないまでも、今よりファンも増えるでしょう。

もう1つは、茨の道です。
765プロのアイドルが、Fランクから這い上がるように
シンデレラガールズが普通の女の子から開花するように
自分たちのストーリーを描くことです。
今の彼女達には難しいかもしれません。
そして最後の一時まで、ずっと比較されることだと思います。

それとも、もっと他の道もあるかもしれません。
アイドル界もアイマス世界も、なにが起こってもおかしくありませんから。

・ ・ ・

話に落ちもなく恐縮ですが以上になります。

最後になりますが、この記事はどなたかを非難する意図はありません。
そのように見えてしまったら、私に全ての責任があります。
私だけを責めて下さい。

麗花さんに責められたい。


(o・∇・o) おわりだよ〜


コメント

海老
No.1 (2014/06/08 16:32)
"765の声優を音声学から分析する」というブログ"が気になるのですが、
Google先生に聞いてもTwitterで検索かけても見つからないのでURLを教えていただけないでしょうか?
ユーリカ/低 (著者)
No.2 (2014/06/08 23:14)
>>1
「オンチと歌唱力についての解説」で検索頂ければと思います。
こんなタイトルですが、内容はとてもいいものですので!
海老
No.3 (2014/06/08 23:42)
ありがとうございます!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事