テトリのポケカ・ポケモン育成ブログ

【ポケモンカード】レシラム&リザードンTAG【CL2020東京で使用予定デッキ】

2019/09/20 23:23 投稿

  • タグ:
  • ポケモンカード
  • ポケカ
  • レシラム&リザードンGX
  • レシリザ
  • CL東京
  • デッキレシピ
  • ウルガモスGX
  • リザードン
  • レシラム
  • ポケモン
こんにちは。
テトリです。
いよいよ9/22にチャンピオンズリーグ2020in東京が開催されますね。
今回はCL東京で使用する予定だったデッキを紹介します。
タイトルに予定とありますが。。。はい。今回も抽選に落ちました。
ですが、環境考察等は行っていたので、少しでも明後日のご参考になればと思います。

デッキレシピ

デッキコード:y33MMS-iTouVj-p3pyMS

~基本的な動かし方~
CL参加される方はご存じかと思いますので、簡略的に…
①最初のターン
プレシャスボールorハイパーボールカプ・テテフGXカキ をします。
or
場面にいるポケモンを考慮しない状態で、カキの成功率は80.9% です。
手札にエネルギーがあればアタッカーではないほうに1枚つけてカキを打つことが多いです。


あとはアタッカーでガンガン攻撃して倒していくだけ。
相手もTAGチームならばダブルブレイズ+の為にレシリザに6エネつけて攻撃してしまいましょう。

~仮想敵に対する動き~
vsTAGチームデッキ

レシリザ→ヒードランGX→レシリザ
という戦い方をしながら気絶を回避していく立ち回りになります。

シンプルにやられずに倒す。
TAGの打ち合いでは火力で勝るのでガンガン押していきましょう。
こだわりハチマキやウルガモスGXでのサポートもお忘れなく。

アルセウス&ディアルガ&パルキア+ケルディオGX

通称”三神ケルディオ” (ここからが対策の本番)
GXからダメージを受けない"ケルディオGX″を倒す必要があるが、相手もオルタージェネシスを使ったりと時間がかかる。
アルティメットレイによる加速もこちらのカキのほうがスピード&安定感で上。
目先だけ見てダブルブレイズをアルセウスTAGに放ってはいけない。
6エネつけたレシリザのダブルブレイズ+(相手にかかっている効果を無視)でケルディオGXを倒し、
再び出てきたケルディオGXはバクガメスで倒す。

このデッキにはデデンネGXなども入っている為、最後にそこを狙う。

グレイシアGXを採用しているデッキが表に出ているが、
相手の初手グレイシア成功率はこちらのカキよりも高くないことと、エネルギーを始めにグレイシアGXに付けていることで相手の展開力も落ちるので、対策は切り目。
当たったらジラーチ等でリカバリーしていくことにする。
グレイシアGXが先行1ターン目以外であまり強いと感じず流行らないと予想


3神に限らず新スタジアム"混沌のうねり"の採用率は高くなると予想し、
巨大なかまど以外にも火打石を採用した。


カラマネロ系統(ギラティナ)

リザードン&テールナーTAGが活躍する相手
グズマが手札に来たらギラティナは放置してカラマネロを呼び出して倒していく。
マオ&スイレンを回復しつつヒードランGXのばくねつスタンプ130ダメがGood
またウルガモスGXで20ダメージ射撃ができるので、ギラティナが多く技を打つと誰かしら1匹倒せる状態になることが多い。



④非GX相手(フーパブラッキー等)

レシリザのダブルブレイズはひかりの結界を無視できる。
2匹目はバクガメスを使い倒しに行く。
基本的に2パン以上の攻撃が飛んでくるので、マオ&スイレンで120回復を挟めれば1ターン多く攻撃できるので対策出来ると思います。

バクガメスを場に置いてレシリザで攻撃してしまうと返しのブラッキーでバクガメスが狙われるので、厳禁。
巨大なかまどが3枚火打石が1枚と通常よりも多く採用してあるので、必要パーツを手札にそろえて溶接工で3エネ付けられる状態を待ちます。

⑤その他
ウルガモスGXに関して

1.こだわりハチマキが引けなかった場合の保険
2.増えると予想するサーナイトGXに対してエネルギーを絞って戦える。
3.にがにがかふんのラフレシア対策

ラフレシアデッキを握るのを諦めた要因


以上になります。
サイドイベントには遊びに行こうと思ってますので、これは持っていくと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事