たろーのインドネシア生活(準備編)

ロンドンで1年が過ぎました

2018/09/13 19:00 投稿

  • タグ:
  • 海外生活
  • まとめ
  • あいさつ
ロンドンにきて1年とちょっと経ちました。
渡英当初の新鮮な気持ちも失せてこちらの生活が日常になってしまい、ブロマガ熱も(予想どおり)落ち着いてきたわけですが適当に雑感を書いてみたいと思います。

ネタが思いつかない部分もあるので、書いてほしいネタ等、ぜひ提案してください。
こちらのコメントでも結構ですし、TwitterでもOKです。
https://twitter.com/TripTarovisor

一応書いておきますが、内容に関しては自分の可能な範囲で正確を期すように努力しますが、保証はいたしませんのでご了承ください。

1.英語は意外と上達しない
よく言われることですが、英語圏で生活していても英語が大して上達しないんですよね。
確かに英語を聞く機会も話す機会も増えるんですけど、わからんモノはわからんし、話すのもわかる範囲でしか話さないんで、「向上させよう」という努力をしないとサッパリです。
一応、
・聞き取り能力は少し向上する
・日常会話能力(レジでの会話とか)は身につく
・聞き取れなかったときに聞き返す精神の強さが身につく
・聞き返してもわからなかったときに適当にごまかす技が身につく
といったモノはあります。

そもそも、スーパーにいってもセルフレジがあるし、ネットは日本語だし、ネット通販はあるし、テレビは持ってないし、こっちに住んでいても休日に一度も英語に触れない、なんていう事態も割とよくあるのです。
あと、意味のわからない言葉を何度聞いても理解できないですし、ちゃんと正解を知って学ばないと向上しないですね…。
未だにジェスチャーもなんにもない電話は本当に怖いです。

2.ふつーに生活してるとできる友達はアジア人ばっかり
別に人種差別とかいう話じゃないんですけど、まず英語ネイティブと仲良くなるのはかなり厳しいです。話す速度が違うので、追いつけません。
一対一で話してたら、まだ相手もわかってくれますけど、ネイティブの中に混ざると、会話に入っていくのは相当厳しい。
日本語で想像すればわかると思いますが、相手の言葉が少し不自由だと会話のテンポがずれますよね?そうなると、その話がよっぽど自分に興味がある話題でなければ、会話を維持するのが苦痛…と、までは言わなくても、めんどくさく感じると思います。
おそらく、英語ネイティブの人も同じような気持ちなのではないかと思います。気が長く、日本のこと(or ボク自身)を知りたい、と思ってくれる人でないと会話が続かないです。
こっちも話すスピードが速く、語彙力が豊富で婉曲的な表現も多いネイティブとしゃべるのはかなり疲れるので、なかなか継続的にお話しできないんですよね…。

となると、同じ程度のスピードで話せる人が会話の中心になるのですが、欧州圏内の皆さんはどの国から来ていても、概ね(accentはありますが)英語のレベルが高く結局アジア人が中心になるのです。
日本への関心もアジア人の方が高いですし、欧米圏の皆さんはアジア圏と文化が違ってノリが合わないというのもあるかもしれません。

とりあえず、次回はイギリスの飯マズはどこまで本当か、を書きたいと思います。

繰り返しになりますが、ネタ切れが目に見えてますので、質問をゼヒお寄せください
こちらのコメントでも結構ですし、TwitterでもOKです。
https://twitter.com/TripTarovisor

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事