たろーのインドネシア生活(準備編)

完全攻略:Royal Opera Houseその4(鑑賞編)

2018/06/08 19:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ロンドン
  • 海外生活
  • 英国観光
  • イベント
昨日はニコニコのメンテで記事を作る時間があわず、1日あいてしまいました。
実は来週も両親が日本からくるので、おそらく丸1週間更新できないと思います。

ということで、本日はオペラorバレエ鑑賞の当日の手順をご説明します。

●ドレスコードについて
よく日本のガイドブックに、ジャケットが~とか書いてありますが、
ROHの公演にドレスコードはありません!
好きなようにドレスアップ、ドレスダウンしてください。と、公式サイトに書いてあります。
なので、Tシャツからタキシードまで様々です。
とはいえ、空調が割と効いてるのでTシャツはちょっと寒いと思います。あんまりいません。
男性はシャツぐらいで十分かと…。ジャケット羽織ってもいいですけどね。
ただし、Galaはドレスコード指定があるのでご注意ください。それでもダークスーツでOKみたいですが。

●食事について
通常、夜の公演は開演時間が19時30分で終了が22時30分ですが、たまに19時開始のことがありますので、必ず開演時間を確認してください。

いずれにしても、夜公演の場合、完全に夕食時に被っています。
ROHで開幕前や幕間に食事をすることも可能ですが、はっきり言ってROH内のメニューは内容の割に超高いので、始まる前にどこかで食事を済ませることをオススメします。
食事の候補ですが
・コベントガーデン周辺では17時ぐらいからプレシアターメニューとして、素早く食べれるセットメニューをお手頃価格で提供しているレストランが多いです
・ROH周辺にPRETやNEROといった、チェーン店のコーヒー屋さんがあるので、そこでサンドイッチとコーヒーで一服してから向かうというのもアリです。割とおいしいです。

もし高くても良いからROHで食事をされたい場合、レストランとバーの選択肢があります。
レストランは基本的に予約が必要で、開幕前に前菜とメイン、幕間にデザートという構成になっているそうです。
バーであれば予約しなくても幕間にサンドイッチなどを購入できますが、死ぬほど混雑していますので、開幕前に予約することをお勧めします。


(激混みのバー。いつまでたっても注文できません)

●到着目標について
初めての場合、最低でも公演開始30分前には建物に到着していることをオススメします。
なので、夜公演の場合は、17時30分頃からレストランで食事をするか、18時30分頃から近所でサンドイッチをつまんで、19時には現地に到着する感じでしょうか。
ちなみに開場(劇場の座席に座れるようになる)するのも、だいたい19時ぐらいです。

遅刻は建物には入れますが劇場内に入れません。劇場は、だいたいほぼ時間どおりに照明が落ちてドアが閉まります。
そして、30秒ぐらい注意事項が流れますが、この間なら係員が案内してくれてギリギリセーフなようです。(たぶん)
が、以降は幕間まで絶対に劇場には入れてもらえません。スクリーンで映像のみの鑑賞となります。

●到着したら…
中へ入るドアを通る前にチケットのチェックがあります。
e-ticketの場合はメールの画面を、紙チケットであれば紙チケットを係員に見せてください。
ドアをくぐったところに手荷物チェックがありますので、手荷物を見せてロビーに入ります。

ロビーに入ったら劇場内に入る前に、
その日の出演者、あらすじが書いてある小冊子をゲットしましょう。
プログラム売り場に置いてありますが、無料なのでしれっと横からもらってOKです。(プログラムは販売してるので持って行っちゃダメです)
または、劇場内に入るときに係員が配ってることも多いです。
こんなのです。

ペラ紙を折りたたんだモノですが、当日の配役とあらすじが書かれています(英語で)。
配役は後日確認するのに役立ちますし、あらすじはWikipediaで予習をしてないのであれば、読んでおくことをオススメします。


写真に向かって左側が建物外への出入り口、右側が劇場。
写真右側の立て看板?のようなモノがある場所がプログラム売り場(反対側にもある)で、その机の上に無料の小冊子が置いてあります。(幕間にはアイスクリームも売ってます)。

プログラムは、ぶっちゃけ7ポンド(約1050円)も払う価値があるかというと結構ビミョーなので自分はめったに買いません。
もし、プログラムがほしい場合はプログラム売り場は行列になってるので、CDやDVDなどのグッズを売ってる売店?で買った方が早いです。
プログラムある~?って聞いたら、机の下から出してくれます。

で、大事なことですが、着席前に女性は必ず最寄りのトイレを確認しましょう!
理由は次のパートに書きます。

●幕間になったら…
トイレへ行こうと考えている女性は、幕間に入ったら即トイレへダッシュすることをオススメします。
なぜなら、トイレが激混みするからです。
出遅れるとトイレに並んでるだけで幕間が終わります。

男子トイレはすいてるのでどうでもいいです。

幕間は20~30分ぐらいありますが、出入りに時間がかかるので意外とゆとりはありません。
ROHの外に出ることも可能ですが、再入場にはチケット、荷物のチェックがあるので遅れないようにご注意ください。

ROH内部の飲食物については前述の通りですが、幕間になるとロビーでなぜかアイスクリームが売ってます。
このアイスクリーム、名物なのかみんな行列を作って買っていますが、ぶっちゃけ別にそんなにおいしくないので買う必要ないです。
正直、甘すぎる…。
3ポンド(450円)なので高くはないのですが、やめておいた方が無難です。
超マズイわけでもないですけどね。
でも、ど~しても記念に食べたいのであれば、チョコレート味が一番マシです。

●終わったら…
カーテンコール(舞台終了後の挨拶)中の写真撮影は黙認のようです。さすがにゴッツいカメラで撮影してる人はみたことありませんが、ケータイでみんなとってます。
また、カーテンコール中に帰っても一応OKみたいです。終わる時間が遅いですし割といます。

帰りはクローク、女子トイレがまた激混みなので、必要な場合はいち早くいかれることをオススメします。
あと、外は真っ暗ですが、場所柄そんなに治安が悪いところではないです。
通常は最寄りの地下鉄の駅まで歩いても全く問題ありませんが、ドレスアップしている場合はタクシーを使っても良いかもしれません。


以上です。初めて行かれる際の参考になれば幸いです。
質問があればお気軽にどうぞ。

******************
インスタはじめました

https://www.instagram.com/triptarovisor/

投稿動画もよろしくお願いします!


コメント

mimimi@旅
No.1 (2018/06/09 07:14)
今までロンドンでオペラを観たことがなかったので、もし機会があった時の参考にさせていただきます

残念ながらバレエには興味が薄いのですが(バレエをやっている従妹に色々吹き込まれているのですが・・・)海外に行った時にオペラとコンサートは何をやっているかチェックして興味があれば行く様にしていますので、こういう話題は興味あります
ROHではコンサートは少なそうに見受けますけどね(それならロンドンフィルにサイモン・ラトルを聞きに行けよって話ですが)
たろー (著者)
No.2 (2018/06/09 19:43)
>>1
自分も日本ではバレエを見たことは1度もなかったのですが、見てみると案外おもしろいですよ。音楽的にもバレエ組曲としてオケできくのと、実際に踊りに合わせて演奏した場合とでは全然別に聞こえますし、ぜひ一度足を運んでみてください。
ロンドンのコンサートだと、箱としてはバービカンが多いと思います。イベント的にはBBC Promsが7月からはじまりますので、そのうちそちらの紹介記事も書こうと思います。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事