たろーのインドネシア生活(準備編)

Chelsea Flower Show 2018 つづき

2018/05/31 19:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ロンドン
  • 海外生活
  • イベント
えーまだまだいっぱいご紹介したい写真はあるのですが、だいぶ単に写真を見せびらかすだけの記事になってきているので、気をつけますw

●前回の続き、屋内の花の受注展示場。
ちなみに発注方法は発注カードを書いて支払いをし、後日配達してもらうみたいでした。
ラベンダー

シャクヤク

ダリア

このダリアの写真はお気に入りですヽ(・∀・)ノ

花屋さんのオブジェ


●この会場内には今年の優秀作品が飾ってあります。
詳細は理解できていませんが、おそらく新しく作られた品種の中で最も優秀なモノに送られるのだと思います。1位から3位までが飾ってあって、もちろん販売されてました。
1位はこちら。

鉢植えにしても、庭に植えてもキレイに使えそうです。
真っ白い葉っぱと可憐な花と両方あるのがとても素敵でした。


●外に出て、物販(といっても園芸用の大道具)売り場。
不思議の国のアリスをテーマにした庭飾りのお店


帽子屋のお茶会ですねー。水際に置くみたいです。引きの写真モノもあるので参考に。


木?でできた、巨大なオブジェの売り場。こんなのおけるお庭って貴族のお屋敷ぐらいしか想像がつかない…。(覚えてないけど値段も数十~数百万円ぐらいだったような…)


奥の方は動物格闘大会のような状況になってました…。



●人がものすごく集まっていたガーデンデザイン。
昨日ご紹介した水中っぽい(水は入ってないですよ)お庭?だけじゃなくて、こういうクラシカルなモノもとても人気でした。



●ショーのコンパニオンさんたち
植木鉢…


なんとなく、モリゾーとキッコロを思い出す…。


素敵な笑顔をくれた花の人。

ポーズがプロでしたね…。


●最後に、夕方20時以降のレイトイベント。
コレは今年から始まったみたいで、通常は20時で終了になるショーを22時まで開けようという企画。が…入場料は別途45ポンドぐらい余計にかかるんですよね…。
最初、てっきりライトアップされた受賞作品を人が少ない環境で見れるのかと思って買ったのですが、どうやら実際はイベントステージとその周辺以外は全部クローズされてしまい、ほとんど見れるモノはありませんでした…。
基本的にはイベントステージで音楽を楽しむモノっぽい…。


食べ物や飲み物は周辺に露天が出ているので買えますが、結構高いです。
ラテが1杯3.5ポンドとかしてた気がします。普通、ロンドンの商業地のど真ん中でも3ポンド弱ぐらいだと思うので、かなりボッってます(が、一度外に出たら再入場できない)。
食べ物販売してるワゴンも飾り付けがとてもキレイでしたが…。


ということで、楽しめたことは楽しめたのですが、若干入場料が高すぎるような気がするチェルシーフラワーショウでした。来年はどうしますかね…。
なお、噂によると最終日の閉会間近になると、ショーに使われた花が無料で持って帰れる…かもしれないそうです。昔はできたらしいんですが、今もやってるかは謎です。

******************
インスタはじめました

https://www.instagram.com/triptarovisor/

投稿動画もよろしくお願いします!


コメント

ゆう
No.1 (2018/06/01 05:57)
どの写真も本当とっても素敵です~!btwもうバラマーケット行きましたか?面白いので、ぜひ!
たろー (著者)
No.2 (2018/06/01 10:06)
>>1
ありがとうございますヽ(・∀・)ノ
バラマーケットいきました~。いろんなモノが売ってて楽しいですよね!
先日はホワイトアスパラガスを買ってきて家でゆでました♪
ちょっと遠いのであんまりしょっちゅうはいけないんですが…。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事