たろーの英国生活ブロマガ

ドイツ観光、Wallfahrtskirche Käppele (ケペレ)

2018/05/16 19:00 投稿

コメント:8

  • タグ:
  • ドイツ
  • 海外旅行
  • 宗教
ヴュルツブルクの小高い丘に、ケペレと呼ばれている教会があります。
日本語訳は不明ですが…。

こんな感じで丘の中腹たっていて、向かいの丘にはマリエンブルク要塞があります。

この教会は途中から階段をえっちらおっちら上っていくしかなく、なんとなく神社を思い出させる感覚でした^^;


丘の上にあるだけあって、教会の前の展望台にも観光客が結構いましたね。


さて、肝心の教会ですが、この教会はどうやら爆撃の被害を直接受けなかった数少ない教会でした。


ドイツにある他の教会と違い、いろいろと煤けた感じが残っているのですが、それが深みを与えていて、大変気に入りました。



まぁ、もうすこしキレイにしてあげても良いような気もしますが、拝観料も特に取っていないし、維持管理も大変だと思います。(ちょっと寄付しときました)

小さい教会なのですがいって良かったです。
裏手には日本でいう絵馬みたいな、病気が治った~とか悩みが解決した~みたいな感謝のメッセージがいっぱいありました。



ヴュルツブルクの教会は、ココとレジデンツの内部にある教会が派手派手で良い感じです(後者は撮影禁止)が、ケペレがそのまま残っているのに対してレジデンツの教会は多くの部分が再建である点で対比的だと思います。

ケペレ Wallfahrtskirche Käppele
レベル8
10:最高傑作 見所しかない
9:見所豊富でかなり満足度高い
8:見て感動できるモノがある上に、全体的な完成度も高い
7:何が、というわけではないが全体的な完成度が高い
6:見て感動できるモノはあるが、全体的には特に…。
5:悪くはないが特に…。
4:来て後悔はしてないけど、特に見所はない
3:来て後悔(無料)
2:来て後悔(しかも有料)
1:評価不能(廃墟etc)


******************
インスタはじめました

https://www.instagram.com/triptarovisor/

投稿動画もよろしくお願いします!


コメント

チェルミナートル
No.6 (2018/05/19 22:41)
感動で思わず敬礼したらおまわりさんに逮捕されそう
Mor
No.7 (2018/05/20 00:13)
kaeppeleは英語でchapelで礼拝所という意味ですよ
ここら辺は戦火も少なめで昔の町並みが残っているところがおおいですよね
たろー (著者)
No.8 (2018/05/23 09:59)
>>7
おお、ありがとうございます。
Wallfahrtが巡礼者、kircheが教会のようなので、まとめると巡礼教会とかになるのかもですね。
一般名詞だったから、コレという名前がなかったのか…。
昔の街並みが残ってると、ヨーロッパに旅行してる感が出て嬉しいです。(再建だとどうしてもテーマパーク感が…)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事