たろーのインドネシア生活(準備編)

Spencer House(スペンサーハウス)ロンドン邸宅観光

2018/03/13 19:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ロンドン
  • 美術・博物館
これまで何度か、郊外にある貴族の邸宅(カントリーハウス・マナーハウス)をご紹介してきましたが、今回はロンドンにある邸宅をご紹介したいと思います。
イギリスの貴族は地方に広大な領地を持っていますが、ロンドンに出向くことも多いのでロンドンにも屋敷を持っていて、これらはタウンハウスと呼ばれています。
日本でも大名が参勤交代のために江戸にも屋敷を持っていたのとちょっと似ていますね。

その1つが、バッキンガム宮殿の近く、リッツホテルのすぐ裏にあるSpencer House(スペンサーハウス)です。
割とスゴイ場所。


このお屋敷、グリーンパークの中からも見ることができます。

うーむ、見るからに豪華。

ちなみに、お隣はドラマ、ダウントンアビーでGrantham Houseの外観として使われていたBridgewater Houseというお屋敷だそうです。

しかし、スペンサーハウスが18世紀に建てられたのち、戦争を生き抜いたのに対して、このブリッジウォーターハウスは戦争の爆撃でやられてしまって外見だけ修復されたモノらしく、今はテレビや映画の撮影などの用途にしか使われていないようです。
ロンドンも東京ほどじゃありませんが、結構戦争でいろんなモノがなくなっちゃってますね。
まぁ、ドイツも壊滅的なまでにやられてますんで、お互い様ですが。


さて、このスペンサーハウス、その名の通り、スペンサー伯爵の所有物件です。
スペンサー伯爵家は結構な名門貴族だそうで、先代8代スペンサー伯爵の三女が、なんと故ダイアナ元妃です。(現在はダイアナ元妃の弟が9代目スペンサー伯爵として筆頭)
しかし、名門貴族といえどもその資金繰りは結構厳しいそうで、このスペンサーハウスは現在、スペンサー家が使用してはいません。

戦後、なんとか爆撃を免れたこの家は、壊れた内装を修復するお金もなく、いくつかの企業にオフィスビルとして貸し出された後、現在は、Lord Rothschildこと、第4代ロスチャイルド男爵ジェイコブ・ロスチャイルドが経営するRIT・キャピタル・パートナーズに96年契約で貸し出されています。
ロスチャイルド卿は、単なるオフィスになっていたこの家を18世紀当時の内装に戻し、そのうちのいくつかの部屋をRITのヘッドオフィスとして使い、残りを一般に貸し出し、また公開しています。

ダイアナ元妃の実家、ロスチャイルド家、ダウントンアビーロケ地(の隣)と日本人が好きそうなキーワードがいっぱい入っていて、かつ抜群の立地なのに、なぜか日本ではあまり紹介されていないのですが、その理由はおそらく
・公開が日曜日限定
・英語の現地ガイドツアーに参加するしか見学方法がない
というところかと思います。
しかし、このお屋敷、見れる部屋は8部屋ですが、ツアーは1時間程度とかなり丁寧な解説があり、ガイドさんの英語も非常にわかりやすく(人によるとは思いますが)、また部屋自体も素晴らしいので、日曜日にロンドンにいらっしゃる方にはかなりオススメです。
正直、ガイドさんが何を言ってるかわからなくても楽しめると思います。(わかった方が面白いですが)

残念ながら屋敷の内部は撮影禁止ですが、パンフレットの写真を一部引用してご紹介したいと思います。

こちらが、スペンサーハウスの入り口。
割と簡素に見えます。

が、中身はこのように豪華絢爛。

こちらはダイニングルームで、エリザベス2世女王をはじめ、数多くの著名人が食事をしたそうです。もちろんダイアナ元妃も。

こちらも1F(イギリスでいう地上階)にある部屋。

この部屋は戦時中、瓦礫の下敷きになり損傷が激しかったそうですが、今ではすっかり修復されています。
床の絨毯は、かつて植民地で5~6歳の児童に作らせた品物で今となっては(倫理的に)作ることができない逸品だとか。(手が小さいので、大人よりも緻密な絨毯が作れたらしい)

こちらは2F(イギリスでいう1F)の大広間。

最大で100人の晩餐会を開くことが可能だそうです。

そう、このスペンサーハウスは、一般に公開されている日曜日以外の月~金はイベント用の貸し出し施設になっているのです!!!
結婚式、大事なミーティング、特別な食事会、お誕生日会などなど、個人でも借りることが可能なんですよ!と、ガイドさんがおっしゃってました。

個人的にひじょーに興味があるのですが、一体いくらぐらいかかるんでしょうね。
一部屋単位ではなく、屋敷まるごとの貸し出ししかやってないそうなので、よほど大事なイベントか、かなりの規模じゃないともったいない…。

ということで、ツアー参加、イベント貸し出しの予約は公式HPからできますので、興味のある方はぜひ。
http://www.spencerhouse.co.uk/

******************
投稿動画もよろしくお願いします!


コメント

ふくぬこ
No.1 (2018/03/14 07:55)
ダイアナ元妃(王妃ではないのでは?)といえばオルソープが有名ですがタウンハウスもあったのですね。知らんかった!
たろー (著者)
No.2 (2018/03/15 09:59)
>>1
確かに!Princessだと両方訳せますけど、皇太子妃、あるいは単なる妃でしたね。ありがとうございます。
そう、オルソープよりよっぽどアクセスが良いのに日本人にはほとんど知られてないんですよね~。見学者もWesternな方ばかりでした。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事