たろーのインドネシア生活(準備編)

Kew Gardens (Royal Botanical Garden)

2018/03/08 19:00 投稿

  • タグ:
  • ロンドン
  • 英国観光
  • イベント
キューガーデンは、ロンドン西部のRichmond(リッチモンド)付近にある植物園です。
アクセスはDistrict線のRichmond支線で終点Richmond駅の1つ手前、Kew Gardens駅から歩いて10分程度と、郊外にある割には比較的行きやすい場所にあります。


ただ、以前もちらっとご説明した気がしますが、このDistrict線は西方面への行き先がWimbledon行き、Ealing Broadway行き、Richmond行きと3つに分かれていて、間違えると全く違う場所に行ってしまうのでご注意ください…。


こちらがキューガーデンの内部。
ぶっちゃけ、冬は花が何もなくて外はほとんどタダの芝生なので、植物園としては温室以外ほとんど機能していませんでした…。

ちょっと気になる盆栽ハウス(結局いかず)

そんな何もないキューガーデンへ、わざわざでかけた目的はOrchid Festival(蘭展)です。
日本で蘭展なんて行ったこともなかったのですが、なかなか迫力がありました。


蘭でできた船があったり…



蘭タワーがあったり…



蘭のアーチもいっぱいでした。

蘭って花の形も様々ですし、意外と楽しいもんなんですね。
しかも温室なので、割と暖かくたっぷりの湿気が日本を思い出していい感じでした。
ちなみにタイが協賛しているので、国王の写真が飾ってあったり、あちこちにタイっぽい仏教の飾りがあります。(が、一緒にいったミャンマー人は、こういう飾りはミャンマーにもいっぱいある!と力説していました^^;)

蘭展は今週日曜日11日まで、毎日夜17時頃までやっています。(閉園17時45分)
元々は2月から開催していて、2月の時点では17時になると真っ暗になっていたので、ライトアップされた蘭も見れたようなのですが、今は日が長くなって17時ではまだまだ明るいのでやってないみたいです(´・ω・`)

見学にかかる時間は蘭展だけだと1時間もとれば十分、というぐらいの広さでした。
蘭展以外も見ようと思えば時間がかかりますが、ぶっちゃけこの時期は花が何も咲いてないので特に見るモノがないような…。お茶はできますが。

チケットは入園料こみでインターネット前売り大人16ポンド。
日本の蘭展と比べたことがないので、どちらが良いかはわかりませんが、少なくとも悪くはない展示だと思いました。
https://www.kew.org/kew-gardens/whats-on/orchids-festival

以下、適当に写真が続きますw


Sonyのコンデジ(RX100 M3)で撮影したけど、結構ボケが良い感じ。
手前の部分がもうすこし、真ん中ぐらいまで来てるとバランスが良かったのだけど…。


涼しい気候でも花が咲く蘭


こんな蘭もあるんですねー



以上です!

******************
投稿動画もよろしくお願いします!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事