たろーのインドネシア生活(準備編)

ユーロスターがアムステルダムまで延伸

2018/02/21 19:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 海外生活
少し前にニュースになっていたのですが、現在、London→Parisと、London→Brussels(ブリュッセル(ベルギー))で運行中の国際電車Eurostarが、London→Brussels→Amsterdamと、オランダのアムステルダムまで直通運転をすることになりました。
オランダ国内の停車駅はRotterdam(ロッテルダム)です。

運転開始は4月4日から。
しかし、最初はとりあえずロンドンから出発する電車は1日2本だけです。
朝8時31分にロンドンを出て、13時12分アムステルダム着。
夕方17時31分にロンドンを出て、22時12分アムステルダム着。
完全にビジネスマン向けの気がする…。
所要時間は時差が1時間あるため、約3時間40分です。
4時間の壁(飛行機との競争で目安となる高速鉄道の所要時間)は万国共通なのでしょうか?

逆のアムステルダム発ロンドン行きは……ありません。
正確には、切符は往復で発売されますが、直通運転は存在せず、Thalys(タリス)でBrussels Midi(ブリュッセル南)駅へ行き、Eurostarに乗り換える、という従来と全く同じです。
今でもEurostarのウェブサイトからこのコンビチケットは買えますし、片道だけ直通になった感じです。

なぜかといいますと、イギリスはシェンゲン協定に加盟していないため、ヨーロッパ大陸との間に出入国審査が必要になります。
(よく混同されますが、EUの範囲とパスポートチェックのないシェンゲン協定加盟国の範囲は異なります)
飛行機の場合は出発時に出国審査(あれば)、到着時に入国審査をしますが、Eurostarの場合は出発時に出入国審査をまとめて行います。
つまり、Amsterdam側からイギリスに直接乗り入れるには、Amsterdam中央駅とRotterdam駅にオランダの出国審査及びイギリスの入国審査が行える設備と人員配置が必要になるのですが、その準備が間に合っていないようです。
この見切り発車感がなんともヨーロッパ的…。
ちなみに、London St.Pancras側には、既にイギリスの出国ゲートとフランスの入国審査設備と人員がいるため追加は不要です。
(オランダの入国審査はシェンゲン協定加盟国で最初の入国先=フランスがやる)


今のところ運賃は最低片道35ポンド~となっていますが、最低運賃は本当に半年前ぐらいに買わないとなので、実質的にBritish AirwaysやKLMのエコノミーと同程度の運賃になるのではないでしょうか。
おそらくターゲットにしている客もLCCではなくフルサービスキャリアの顧客でしょう。

チケットの発売は2月22日の朝からということで、日本時間では22日の夕方開始の模様です。
4月以降、信仰上の理由によりロンドンやアムステルダムへ直接乗り入れができず2都市観光をお考えの方、ロンドンまで来たついでにキューヘンホフで一面のチューリップがみたい!と思った方、ゼヒご検討ください。
発売直後は記念セールがあるかもしれませんし。

参考もと:
https://www.eurostar.com/uk-en/train/netherlands


******************
投稿動画もよろしくお願いします!


コメント

ふくぬこ
No.1 (2018/02/21 20:19)
乗車動画&レポート待ってます(≧∇≦)
たろー (著者)
No.2 (2018/02/23 09:10)
>>1
思ったより安かったので乗ろうか少し悩んでいます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事