たろーのインドネシア生活(準備編)

じゃがいも

2018/01/30 19:00 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 海外生活
  • 食べ物
実はコレ、100個目の記事なのですが諸般の事情により遅くなってて申し訳ありません。(投稿時刻は詐称)
そして、時間がないのでたいした記事じゃなくて申し訳ないですorz
100記事の振り返りはそのうち…。

イギリスの主食はパンというよりは、ジャガイモかパスタではないかと思います。
その証拠にスーパーのジャガイモ売り場は、野菜コーナーとは独立してかなり広くなっています。

コレ、全部いもです。(サツマイモも少し入ってますが)
日本でいうお米に近い扱いですので、日本のジャガイモよりもおいしいなぁ、と思います。

この売り場でよく見かけるジャガイモは主に4種類。
<粉っぽいジャガイモ>=ローストポテトに最適(あとチップス=フライドポテトとかも)
・King Edward(キングエドワード)
皮に赤い斑点が入っていて、Floury(小麦粉っぽい)と表現される、粉っぽいジャガイモの代表です。男爵いもよりもかなり粉っぽいです。
Maris Piper(マリスパイパー)
買ったことはないのですが、キングエドワードよりは少し粉分が少ないのかな?
キングエドワードと違って赤い斑点がないです。

<多少ねっとり系>
・Red(レッド)
その名の通り皮が真っ赤っかで、一瞬サツマイモのような気がします。
形はそのまんまジャガイモなので間違えませんが。
上記2種類よりは身が詰まっていて、煮崩れもしないので使い勝手が良いです。
マッシュポテトとかにも使えるのかな?

<かなりねっとり系>(メークイン系)
Charlotte(シャーロット)
身が詰まっていて、そのままゆでて食べたり、皮付きでローストしたり、シチューなどに使ったり。
マッシュポテトにも最適らしいです。(BBCのUltimate Masued Potatoで指定されていた)

メークインは元々イギリス原産らしいですが、こちらでは全く見ません。シャーロットとどう違うのかな…。

他は隅っこに少しおいてある程度なんですが、グラタンに最適なモノとか、サラダ用とかベビー芋とかいろいろあって、袋に用途が書いてあります。
ただ、ひとりだしそんなにいっぱい作り分けられないのが欠点ですね…。
マッシュポテトを作るためのマッシャーを買うか悩んでいます。

******************
投稿動画もよろしくお願いします!

コメント

ふくぬこ
No.1 (2018/01/30 22:25)
100コめおめでとうございます&お疲れ様です。ネタ探しもさぞかし大変かと。ムリのないペースでどうぞ・・・というのもある意味プレッシャーか?
たろー (著者)
No.3 (2018/01/31 12:09)
>>1
ありがとうございます。ネタは割とあるのですが、書く時間と気力が問題なんですよね…。
間隔を開け始めると間違いなく放置するので、難しい所です。(かといって、雑記事を乱発してもダメですし)

>>2
ありがとうございます。
広いですよね~。シャーロットが少し高めで1kg1ポンド強(200円ぐらい)で、キングエドワード、マリスパイパー、レッドは1kg1ポンド弱(150円ぐらい)でした!
でも、ウェイトローズの値段なんで、もっと格安のスーパーだと最大半額ぐらいになると思います^^;
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事