たろーのインドネシア生活(準備編)

ウェストミンスター宮殿

2018/01/29 19:00 投稿

  • タグ:
  • 英国観光
  • ロンドン
ロンドンの名物、ビッグベンがある塔はエリザベスタワー。


エリザベスタワーのある建物全体は、ウェストミンスター宮殿(Palace of Westminster)と呼ばれていて、イギリス連邦の国会議事堂(Houses of Parliament)になっています。


ということで、なんと呼べば良いのかわからない、この建物ですが毎週土曜日に見学ツアーをやっているのでいってきました。
ちなみに日本の国会はDietでアメリカの連邦議会はCongeressと、なぜか呼び方がバラバラです…。

ツアーは20分おきに設定されているオーディオガイドのツアーと人間が案内してくれるツアーと2種類あります。
残念ながらオーディオガイド、人間のツアーともに日本語はありません。
中国はあるのですが…。

申込は前日までならインターネットで、当日は券が残っていれば売店で買うこともできるようです。(場所が良くわかりませんでしたが)
夏は予約してないと厳しそうですが、冬は多少余裕がありそうでした。
ただし、当日券の方が少し高いです。

写真撮影は入り口だけ…(しかもカメラの電池が切れててケータイでしか撮れなかったorz)

この、ツアーがスタートするウェストミンスターホールと、その隣の部屋だけです。
このホールがウェストミンスター宮殿の中で唯一残っている元々の建物で、その他の部分は1834年の火事のあとに建築された建物です。
できあがって150年ぐらいですかね?
見た目重視のゴシックリバイバル様式は、なかなか良い判断だったと思います。


こちらがウェストミンスターホールの隣の部屋。
ここから先の扉を抜けると、貴族院(House of Loads)と庶民院(House of Common)の交差点に入り、先に貴族院、そして庶民院の順番で見学します。
写真はこの先は禁止です。

見所としては、貴族院は非常に華やかでこの部屋のような、そしてもっと豪華な装飾が施された建物や見事な絵画を見ることができます。(ブレナムパレスより立派かもしれない)
それに対して庶民院は装飾一切なし!
歴代首相の像ぐらいしか見るモノはありません…。
そういうギャップもアピールが上手なヨーロッパ的なものを感じます。

カフェもあって少し休憩もできますし、見た目にも十分楽しめるので土曜日にロンドンにいらっしゃる方にはオススメです。

******************
投稿動画もよろしくお願いします!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事