百姓猟師のTAROさん

「猟師になる」その5 いよいよ所持許可申請

2015/08/12 09:03 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 七輪肉汁会
  • 猟銃
  • ニコニコ猟友会
  • 狩猟免許
  • 狩猟
購入予定の銃も決まったらいよいよ所持許可申請です。

手続きの流れは図のとおりです



教習射撃が終わって教習終了証明書をもらったら必要な書類を揃えて、⑦の所持許可申請をします。
注:教習終了証明書の有効期限は3ヶ月です。3ヶ月以内に申請をしないとまた射撃教習からやり直しになりますので注意してください。

⑦所持許可申請
行く場所
  • 生活安全課と銃砲店(又は個人
必要な書類
  • 写真x2 ーライカ判36mm x 24mm 運転免許証と同じ
  • 銃砲所持許可申請書x2
  • 講習終了証明書 ー初心者講習の終了証明書
  • 同居親族書x2 ー教習資格認定申請の時と同じもの
  • 欠格要件誓約書x1 ー教習資格認定申請の時と同じもの
  • 非破産者証明書x1 教習資格認定申請の時と同じもの
  • 診断書x1 教習資格認定申請の時と同じもの
  • 戸籍謄本x2 
  • 住民票x2
  • 経歴書x2 教習資格認定申請の時と同じもの
  • 譲渡承諾書x2 銃砲店で書いてもらう(個人から譲り受ける時は相手に書いてもらう)
  • 教習終了証明書x1 ー射撃講習合格後にもらう書類
費用
  • 申請手数料(¥10,500-)写真(¥700)住民票(¥600-)戸籍謄本(¥600-)非破産者証明書(¥500-)診断書(¥3,000-)計¥15,900-
必要書類が多いので計画的に事前に準備を進めておいてください。
ここで同居親族書経歴書は教習資格の申請時と全く同じじゃないと困ります。内容が前と違うと突っ込まれて、そのぶん許可下りるのが遅くなりますし前職場に在籍確認の電話がいったりします。最悪適当に書いてあるなぁと思われると戻ってきて最初からやり直しです。

講習終了証明書を持って(番号が必要)銃砲店に行って譲渡承諾書を書いてもらいます。
譲ってもらう相手が個人の場合も同じものを書いてもらうのですが、よく分からない場合は相手の指定する銃砲店で集合するか一緒に警察の窓口まで行って記入するのが間違いがなくていいと思います。

全ての書類を提出したらあとは待つだけなんですが、待ってる間にもしなきゃいけないことがあります。
そう、保管庫の準備です。

銃器保管庫として使うには一定の基準があります。
  • 天板•側板•扉等すべての面が1ミリ以上の鋼板で作られてること
  • かんぬき機構等、扉の上下を本体に固定する構造になっていること
  • 外部から見える蝶番が切断されても扉が取り外せない構造であること
  • 内部に鎖等で銃器を固定できる構造であること
  • 扉錠は外部からの力で簡単に壊せないものであること
  • かけ忘れ防止装置つきの錠であること
  • 扉の錠は鍵違い120種類以上のものであること
  • 壁に固定され容易に移動できない構造であること
こんな感じで細かく決められているのでロッカールームのロッカー拾ってきて使うわけにはいきません。
結局専用品を買うのが一番簡単で安上がりだと思います。これもいろいろ種類があるので銃砲店で相談してください。
装弾ロッカーも同じです。





壁に固定するのでちょこちょこ動かすわけにはいきません。備え付ける場所はよーく考えましょう。それと装弾ロッカーと銃器保管庫は同じ部屋に置くことができません。建前は別棟という指導をされますが、別の部屋ならOKです。

許可が出るまでには警察もいろいろ調査をします。

同居家族への聞き取り
ここで家族の誰かが反対っていうと絶対に許可は下りません。

近所への聞き取り
近隣の人にあなたのことを聞きに行きます。夫婦仲はどうかとか近所との付き合いでトラブルはないかとか、どんな性格かとかいろいろ聞くみたいです。
私の時は自治会長のところに行ったみたいですが、事前にどのお宅に行っていいか訊かれる場合も多い様です。

職場への聞き取り
これは私の周りでは聞いたことがありません。近所との付き合いがあまりない都市部では当たり前なのかも?

すでに駆除をすることが決まってることを事前に面接で伝えてたので、地元猟友会、市役所農林課にも問い合わせが行ったそうです。

そしてこれら調査が全て終わって問題なかろうとなったら立ち入り検査があります。

保管庫がちゃんと固定されてるか、法律で決められた構造であるかを確認しにきます。ほんとに揺すって確認するのでちゃんと固定しといてくださいね(笑

ここまでくれば「許可おりました〜」って連絡が来るのももうすぐです。

許可がおりました〜という連絡が担当者から携帯や家の電話にかかってきますので指定された日時に所持許可証を取りに行きます。

受け取りに必要なのはハンコだけ。費用はかかりません。

その時に譲渡承諾書に書いてある銃の諸元(名前や全長•銃身長•シリアルNo等)記載内容を確認してください。担当者の手書きなのでまれに間違ってる場合があります。
ここ違ってると話が面倒になるので必ず確認してください。
私のは間違ってました(笑

銃の受け取り

警察で所持許可を受け取ったら次に銃砲店に行き、所持許可証を見せて銃を受け取ります。
(受け取りは午前中に行くのがあとあと便利です。理由は後ほど。)
(ここで記載内容に間違いがあるともう一度警察に戻って訂正してもらわないと絶対に銃を渡してもらえません。)

新銃なり中古銃なりを購入した場合いろいろとオマケくれると思うので、ありがたく受け取ってください。

銃を受け取ってもまだその銃は使えません。
もう一度警察に戻って確認をしてもらいます。


10、銃の確認

めでたく銃を受け取ったら14日以内に警察に持って行って確認作業をして所持許可証にハンコ貰います。これで晴れて実際に使える銃と許可証のセットが完成です。

許可を出した銃に間違いないか、故障したものではないか、銃器として使える状態かを別室に連れてかれてメジャーで測ったり組み立てたりして確認します。

普通は所持許可証の受け取りから銃の受け取り確認作業までを1日で終わらせるので午前中から始めてください。段取り良くやれば午前中だけ仕事休んで終わります。

以上で猟銃所持までの説明は終わりですが、これだとまだ弾買えません。同時に弾買うための火薬類譲受許可証の申請もしましょう。



必要な書類は教習射撃の時に申請した火薬類譲受許可申請と同じです。
ただし今回は火薬の量が増やせます。一年間に使うであろう弾の数だけ申請できるんですが、初回は800発までと言われることが多い様です。「使い切ったらまた申請してくださいねー」と言われるはずなので言われるがままに記入してください。

使用量が多い様なら次回は2千発までは許可が出る様です。私は結構消費するので5千発の許可が出てます。


とりあえずこれで所持許可の申請は終わりですが、まだこれだけでは猟にもクレー射撃にも行けません。
まだ必要なもの(道具)があります。

「猟師になる」その6 とりあえず射撃場で必要な道具編に続く......


コメント

S.
No.1 (2015/08/17 19:29)
質問です。
免許持ってない人が銃借りて射撃の練習したらどうなりますか?
TAROさん (著者)
No.2 (2015/08/18 03:48)
>>1
所持許可持ってるマトモな人ならそんなことさせません。銃は自分以外に触らせた時点で銃刀法違反になります。
現在許可証持ちじゃない人に、銃の貸し出しをやってる射撃場はありませんし(教習射撃用の貸し銃は除く)
こっそり山の中で撃たせてもらうというのも論外です。もたせた方、持った方両方重い罪に問われますので絶対にやめてください。
仮にまわりでそういう話を聞いたらすぐに近くの警察署の生活安全課に情報提供してください。おまわりさん、ものすごい勢いで食いついてくるはずです(笑
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事