百姓猟師のTAROさん

「猟師になる」その3 所持許可申請について

2015/08/10 19:11 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ニコニコ猟友会
  • 狩猟免許
  • 猟銃
  • 七輪肉汁会
  • 狩猟
続きまして「猟師になる」その3 所持許可申請についての巻でございます。

記事書く元気があるうちにどんどん書くのです(笑
それでは猟銃•空気銃所持許可の申請をどんどんスタートしましょう。


前回も使ったこのフロー図を見ながら順番に説明します。
(注:必要書類は27年4月より変更になって簡略化されてます、およその金額は記憶も込みです。参考にする程度でお願いします)

警察署に行く時は事前に電話で担当者に連絡してからのほうがいいです。生活安全課は風俗営業や古物、忙しい仕事抱えてます。とくに年末近くなると捜査や立ち入り検査などで署内に居ないことが多いのでアポ取ってからのほうが確実です。

①初心者講習申し込み
行く場所
  • 住民票のある警察署、生活安全課
必要な書類
  • 初心者講習申し込み書 2枚ー 警察にあります
  • 写真 2枚ー 36mm x 24mm ライカサイズ(免許証と同じ)
  • 住民票 ー 本籍地の記載があるもの
書式はこちらを参考にしてください申請様式一覧pdf

費用

  • 写真(約¥700)住民票(¥300)講習会費用(¥6,800)計¥7,800-

 まずは自分の住んでる(住民票のある)管轄の警察、生活安全課に行って申請書を提出します。受付で「銃砲の講習会の申し込みにきたんですが」と言えばOKです。

 担当者や地域性でいろいろ違うらしいのですが、私の時は親切丁寧でした。以前の警察署では担当者が非常に横柄で不愉快でムカムカしたの覚えてます。ほんとに書類投げ返されたもん(笑
 講習会の申請に来たと言えばだいたい軽く面接のようなものがあることが多いです。なぜ所持したいのか、猟なのか射撃なのか、同居家族は同意してるか等々雑談程度ですがお話をします。別室でがっつり面接になるのはもっと後の話です。

ここである程度の人間性を見られますので間違ってもふざけてはイケマセン。
所持の理由でNGワードあります(笑)「なんとなく」「護身用に」「軍用銃が欲しい」「最近近所が物騒だから」なんてこと言うと即「お帰りください」になる可能性大です。
どれも正当な所持理由じゃありません(笑

昔は「よーく考えてまたおいで〜」とか、1回行っただけじゃ書類受けつけてくれなかったりしましたが、最近は申請受理だけはする方針のようです。だいたいあっさり受け取ってもらえます。そして受講受付票くれるので、講習会の時に忘れずに持って行ってください。忘れると受講できません。


 そして申請受理されると講習会のテキスト猟銃取扱読本をもらえます。これが思い立ったらすぐ行って!という理由で、講習会までに勉強しなきゃなので早ければ早いほど勉強する時間が取れるのです。
勉強してから行かないと、、ほんとに落ちますよ?意外と難しいです、、というか数字の引っ掛け問題なんかが出るのできっちり暗記していかないとお手上げな問題も出ます。

初心者講習会の当日までじっくり勉強してください( ̄∇ ̄*)ゞ


②猟銃等初心者講習会
行く場所
  • 指定された(希望した)講習会場 ー 警察署の会議室、免許センター等
必要書類
  • 初心者講習受講受付票
  • 猟銃取扱読本
  • 他筆記用具等
費用
  • 昼飯代くらい

当日の流れは午前中講習、午後から考査試験、すぐに合格発表で合格者だけ講習会場に戻って
講習終了証明書を受け取る。

だっと思います。記憶が定かじゃないのと都道府県によって違うらしいので受講票で確認してください。
もちろん遅刻厳禁、居眠り厳禁です。
昔は服装や態度が悪いと落とすということがあったらしいのですが、最近では合格点数に達してれば終了証明書出すようです。あくまでも試験じゃなくて考査なのでさじ加減一つなんですけどね、、受けてるほうにはワカリマセン。。

単なる噂ですが、前回書いた絶対的欠格事項に該当する人の申請を受けつけてしまった時は、100点でも不合格にしてふるい落とすそうです。

免許センターならレストランあるのでいいんですが、警察署や県の施設だと弁当用意していったほうがいいですよ?腹減ります。
私は大きな免許センターだったのでカツカレー大盛りで食って胸焼けしながら午後の試験受けた記憶があります。
そして「猟銃等講習会会場」と物騒な言葉書かれた部屋から出てくるので、免許の試験に来てる人たちからジロジロ見られた記憶も(笑

もし、、、試験に落ちたら、、その足でまた警察行って申し込みしてください(泣
これ突破しないと話が始まりません。

そして初心者講習合格すれば銃砲店で真面目に相談に乗ってくれます。セキュリティーの点で一般のお客さんの来店はあまり歓迎されません。「とりあえず申請書あげるんで初心者講習合格したらまた来てくださいねー」のお店、けっこう多いです。


③教習資格認定申請

注:空気銃のみ申請する人は教習はありません。③から⑥をすっとばしていきなり⑦の所持許可申請に進んでください。

行く場所

  • 生活安全課
必要書類
  • 講習終了証明書 ー 講習会でもらえる(有効期限3ヶ月
  • 教習資格認定申請書x2 
  • 同居親族書x2 ー 同居してる家族の詳細を記入
  • 欠格要件誓約書 ー 欠格事項に該当しないという誓約書
  • 非破産者証明書 ー 市役所区役所でもらえます
  • 診断書 ー 精神保険指定医等の精神科医 掛かりつけのクリニックでOKになりました
  • 戸籍謄本x2
  • 住民票x2
  • 経歴書x2 ー 過去10年間の職歴と住所
書式はこちらを参考にしてください申請様式一覧pdf
費用

  • 非破産者証明(¥400)戸籍謄本(¥600)住民票(¥600)診断書(¥3,000)教習資格認定申請費用(¥8,900)計 ¥13,500-

注:同居親族書と経歴書は必ずコピーを取っておいてください。所持許可申請の時に必要になりますし、追加の銃を申請する時にも必要です。内容が違うとえらい勢いで突っ込まれますので注意。

ここから公安委員会が本気で審査を始めます。
教習射撃とはいえ本物の銃実弾を撃つんですから危ない人には許可できません。

最短でも1ヶ月ほどかかります。長い人だと5ヶ月という例もあるようですが、気長に待ってください。

私は百姓で駆除の用途もあり、所属する猟友会もグループも決まってて猟場も決まってたので異常な速さで教習も所持許可も出たんじゃなかろーかと思います。教習が28日所持許可が25日で出ました。
これより短期間で許可出た人おそらく日本に居ないと思います(笑

気長に待ってるあいだにそろそろ銃砲店で買う銃を物色しはじめましょう。
一丁1000万超えるのからタダまでいろいろありますが、新銃の価格がおおよそ上下二連で30万〜50万、自動銃で20万〜40万程度です。
中古になるとまさにピンキリで傷ひとつないいわゆる眠り銃から実猟で山を転げ回ってる自動銃まで千差万別でございます。

銃の選び方はまた後述します。

そしてめでたく教習資格認定書が出ました〜と警察から電話かかってきたら早速次です
教習資格認定書の有効期限は3ヶ月ですので注意してください。3ヶ月以内に教習を受けなかった場合は申請からやり直しです。



⑤火薬類等譲受証申請

行く場所

  • 生活安全課

必要書類

  • 銃用火薬類等譲受許可申請書
  • 教習資格認定書
費用
  • 申請費用(¥2,400)計¥2,400-

教習射撃に使う装弾(弾)を購入する許可証を申請します。これは即日交付の警察署と翌日以降交付の場合がありますので注意です。
必要な弾数は警察で教えてくれると思うのですがおよそ75発か100発の許可を出すことが多いようです。(装弾を1箱25発単位で買うから)
私の場合はなぜか300発でした(笑
「こいつは不合格になりそうだから3回分許可出しとくか」と思ったかどうかは、、ワカリマセン。


⑤教習射撃申し込み
行く場所
  • 射撃場が銃砲店
必要書類
  • 教習資格認定書
  • 火薬類等譲受許可証
費用
  • 射撃教習費用一式ー(クレー代•貸し銃•入場料•弾代•テキスト込みで)        およそ¥35,000〜¥40,000
射撃講習の申し込みなんですが、近くの公認射撃場銃砲店に問い合わせてください。
射撃場に常に教習担当者が常駐してるわけではなく、予約を取って実施します。
一人でもその都度開催してくれるところもあれば、2週間に1回数人まとめてやるところもありますのでまずは問い合わせしてください。
できればこれからお世話になるであろう銃砲店で申し込みをしたほうが後々いいかと思います。上下2連銃か自動銃を選べるので、自分が買おうとしてる銃も銃砲店に相談しながら決めてください。まったく何も決めてないならたぶん上下2連で受けた方がいいよ〜と言われると思いますが。

教習資格認定証火薬類等譲受許可証は申し込みのときも持って行ってください。申し込み用紙に認定証の番号が必要ですし、その場で事前に装弾を購入する場合もあります。
費用もバラバラなので大体の平均額です。装弾込み価格で当日持ってきてくれるとこもあれば、事前に購入して持ち込みのとこもあるようです。

申し込みが済んで予約を取ったらいよいよ射撃教習です!
いよいよ撃ちますよ!


⑥教習射撃受講
行く場所
  • 予約した公認クレー射撃場
必要書類
  • 教習資格認定証
  • 火薬類等譲受許可証
  • 予約受講票 ー(あれば)
  • 散弾銃射撃教本 ー 事前にもらっていれば
  • 飛行標的射撃実習教本 ー 事前にもらっていれば
  • 筆記用具
  • 耳栓 ー 射撃場に売ってます¥500程度
  • 射撃ベスト ー 持ってなければ貸してくれます
費用
  • 申し込み時に精算してれば特になし

いよいよ本物の散弾銃で実弾をぶっ放します。
人数にもよりますがだいたい4時間程度で終わります。

テキスト2冊を使った講義の後、射台に移動して練習射撃から本番の流れになります。

講義では会議室やら食堂で、銃の保持から安全な取り扱い方法、点検、弾の装填脱包なんぞを実銃と模擬弾を使ったりして勉強します。
そして実際に射面に移動して練習射撃を50発くらい行います。このとき教官が横で指導してくれるので安全な取り扱いを身体に叩き込んでください。本番は採点(減点)するだけです。





そして実技の試験に入るんですが「開始します」の合図からすべて採点対象です。これ意外と忘れて減点される人多いみたいなので注意してください。

細かいことは講習で教えてもらうので省略しますが重要なことは

  • 弾が入ってようがなかろうが銃身を一瞬でも人に向けない
  • 構えていざ撃つとき以外は引き金に指をかけない
  • 射台に入るまで装填しない、出るときは必ず脱包
  • 射台以外では2連銃は折って自動銃はボルトを解放
  • 不発の場合は射撃姿勢で10秒そのまま

これ絶対です。言い換えればこれ徹底してればまず合格します。忘れてやらかしたらその都度減点で一定の減点数になると中止を宣告されてやり直しです。

クレーはまっすぐ前に飛ぶのを弾1発だけ装填して撃ちます。まったく初めてでも全部外す人はあまり聞いたことがないので安全な取り扱いにだけ気をつけていれば大丈夫!
(25発中3発命中の基準はなくなったようです)

そして全ての行程が終了して実技試験も合格点であれば教習終了証明書というのを書いてくれます。これはこの後の所持許可申請にも銃の追加申請にも必ず必要になる書類ですので忘れないように持って帰ってください。

ここまでくれば後少しです。

教習資格認定が出た人は、ほぼ間違いなく所持許可は出ますのでどんどん次の手続きに移りましょう!

と、長くなるのでここでいったん切ります。

「猟師になる」その4 銃を選ぼう に続く.........

コメント

sho_gi606
No.1 (2018/09/28 07:41)
>(25発中3発命中の基準はなくなったようです)

いえ、今でもありますよ。
トラップで2発、スキートでは3発以上命中しないと不合格になります。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事