鍛造の非生産的な話

飽きっぽい人がCGとかDTMとかプログラミングとかできるようになる方法

2013/04/01 12:31 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 思想
  • 自己啓発
  • 講座

挫折

この記事を開いたという事は今まで様々なクリエイティブの技術取得をしようとして挫折した経験がある方なんだと思います。そういう人へ向けた記事ですしね。

私鍛造はお遊びでCG、DTM、DTV、プログラミングとマルチな制作者をやっています。

使っているツールはフリーウェア中心ですが定番と呼ばれるシェアウェア・ハードウェアも多く所有しており、それらに対する経験もあります。

この記事はそんなマルチな技術取得をどうやって可能にしたのか?をお教えする記事です。

勘違い

挫折した多くの方々は勘違いされている人が結構多いです。

その勘違いとは主に2つの勘違いであり、そしておそらくこの勘違いが是正できれば皆さんは過去の自分自身が驚くような制作者・表現者へと変貌を遂げるでしょう。

「お前誰だよw」と過去の自分が将来の自分へツッコミ入れる。そんな感じになりますw

飽きっぽい

まず1つ目の勘違いがコレです自分は飽きっぽいという勘違いです。

今まで私が見てきた人間の中で真に飽きっぽい人間は片手でも余るほど数少ないですよ。

多くの方々は特に飽きっぽいという性質を持った人間ではないと私は感じてます。

何故なら皆さんは過去、もしくは今現在継続されている何かを持っている場合が殆どだからです。

それが部活動であれ、仕事であれ、アニメ漫画ゲームなどの趣味であれ皆さんは継続してきました。

それなのにCGやDTM、DTV、プログラミング、ニコニコ技術部系の何らかになると継続できない。だからこそ皆さんは自身を飽きっぽいと自己評価するようになっている。

継続できない理由は2つ目の勘違いでその理由がわかります。

やりたいこと

2つ目の勘違いがやりたいことの勘違いです。

皆さんはCGがやりたいのですか?DTMがやりたいのですか?DTVがやりたいのですか?プログラミングがやりたいのですか?ニコニコ技術部系の何らかがやりたいのですか?

コレに対しYESと答えた方は勘違いしていることに気が付いてください。

皆さんは前述の技術をやりたいのではないのです。それに気が付かなきゃなりません。

CGをやりたいのではない、漫画を描きたいのだ!

DTMをやりたいのではない、音楽を奏でたいのだ!

DTVをやりたいのではない、映像で表現したいのだ!

プログラミングをしたいのではない、ゲームを作りたいのだ!

ニコニコ技術部系の何かをしたいのではない、皆にSUGEEEと盛り上がって欲しいのだ!

今こそ問おう!

アナタは何がしたいのかっ!?

その技術の参考書を購入し読んで、いつになったら始めるのか?

ダラダラと勉強して、いつになったら作るのか?

本当にやりたいこといつやるの?今でしょ!!!

やりたいことじゃない

やりたいことじゃないからぶっちゃけ継続しないんですよ。

漫画描きたい、描けば良いじゃないですか!

音楽奏でたい、奏でれば良いじゃないですか!

ゲーム作りたい、作れば良いじゃないですか!

何をためらう必要があるんですか?やれば良いじゃないですか!

私は正直に言えば皆さんと同様に飽きっぽいと自己評価していた人間です。

興味が人一倍様々な方向へ向く性質も私は持ち合わせていますから本当にもう様々なことへ挫折しました。

CGもDTMもDTVもプログラミングもニコニコ技術部系も、ありとあらゆることで挫折を繰り返し、私ほど才能もクソも継続力も無い人間は居ないなと感じていました。

しかしながら今現在はその全てをお遊び程度であれ習得しています。

むしゃくしゃとして

人一倍様々な方向へ興味が向く私は日々の基礎勉強に耐えられなくなり、とうとう技術の勉強を放棄しました。

「こんな面倒くせえ勉強なんてやってられっか!我慢の限界だ作ってやる!」とむしゃくしゃして参考書とか参考サイトとかすっ飛ばして制作を始めたのです。

「とりあえずGIMPの起動だ!ゲームUIで使うライフゲージからやるぞ!」とレイヤーの概念程度しか理解していないのに作り始めちゃったのです。

そんな風に始めたらこれがまた物凄く楽しいんですね!

自分が手を動かせば動かすほどゲームの完成が近付いてくるわけです、ユーザーインタフェースがどんどんできあがるわけです。

やりたいことができない場合はその都度ググって解決しました。

美しいグラフィックスの作り方なんて知らない、効率の良いプログラミングなんて学ぶ気もない。

ただ私のアタマの中にある妄想理想を叶えるため、非効率的でダサい手法を勢いのままやり通しました。

そしてどうなったかと言えば、嘘みたいな話ですが完成しちゃったんですw

今まで基礎からしっかり勉強して作ろうとして作れなかった継続できなかったものが、溢れんばかりの感情に乗って作ったらできちゃったんですよ。

目的意識

当時を今振り返るとなぜ完成したかと言えば目的意識がしっかりしていたからでした。

参考書や参考サイトで制作の事前で学ぶ内容の8割は私の妄想理想に関係のないことなんです。

そういう事前学習をすっ飛ばし、無知の状態から制作を始め、実現に障害が起きればその都度ググる、以前買った参考書を開く。

障害を1つ1つ解決していき、障害が無くなるごとに完成へ近付くのが手に取るようにわかる。

当然ながら障害が起きてから調べる障害解消法は私の妄想理想に10割関係あることなんですねw

ゲームを作るのが第一の目的、その目的を果たす障害解消が第二の目的、そうやって目的意識をハッキリとさせとりあえず手を動かす、コレこそ継続させる一番の方法なのです。

継続

当然ながらこういった方向性は楽しいんです。何故なら好きなことしかやってないわけですからw

「解像度変わると画像が粗くなるな」→ググる→「なるほどラスターとベクターか」→ググる→「Inkscapeなら無料なのね」→ググる→「Inkscapeでアイコン作るには」→ググる→「なるほどこうやるのか!よしやろう!」

「音が欲しい」→ググる→「理想的なのネットに転がってないな」→ググる→「シンセ使えば効果音作れるんだ」→ググる→「サイン波を断続的にしたらピロピロ音くらい作れそうだな」→ググる→「うぇw簡単すぎワロスwww」

「当たり判定が上手くできねーぞ!」→ググる→「三角関数使えば良いのかな?どんなんだっけ?」→ググる→「あーそうそうこんなんだったわ」→ググる→「サンプル転がってるじゃん!これイジってオレオレ仕様にするかw」

「画像使うと結構重くなるんだな」→ググる→「えっ?単純図形ならプログラマブルに描画できんの!?始めっから教えろよなwww(←勉強してないせいw)」→ググる→「円に関してはこの前の当たり判定三角関数でやったから応用効くな」→ググる→「よしよしいけるわ次行こう次!」

こんな感じで調べること10割がやりたいことです。事前に学ぶものより個人的に物凄く役立つことばかりですよ。

何でもそうなんですよ、イラストの髪へカッコイイ光り輝くテカリ入れたいなと思った時にググれば良いんです。

ズバーンと爆発するエフェクトを動画へ入れたいと思った時にググれば良いんですよ。

必要は発明の母なんて言いますが、まさにこのノリで必要になったとき調べれば楽しいのです。やりたいことなのですから。

逆に言えば勉強とかやりたくないことやってたら継続するわけないでしょ!w

ということで

皆さんの目的意識をハッキリさせるために簡単なリストを作っておきます。

それを応用して自分自身へ当てはめて目的をハッキリさせ、それをするにはどうしたら良いか?を考えましょう!

リスト

  • 何がしたいか?
    • 何が必要か?
      • 必要なもの1
        • 補足
        • 補足
      • 必要なもの2
        • 補足
        • 補足
    • どんな感じにするか?
      • 内容1
        • 実現のために必要そうなこと
        • 実現のために必要そうなこと
      • 内容2
        • 実現のために必要そうなこと
        • 実現のために必要そうなこと

  • 歌ってみた動画を投稿する!
    • 必要なもの
      • 動画作るソフト
        • AviUtlが色々と高機能らしい
          • そう言えばこの前ブロマガでAviUtl講座してる人居た
      • 録音ソフト
        • Audacity
      • オーディオインターフェース
        • サウンドブラスターが良いって誰かが言ってた
      • マイク
        • ATX11が人気あるらしい
    • こんな動画にする
      1. ドーンッとタイトルフェードイン
      2. 動画下部にカラオケみたいな歌詞付き
        • 進行に合わせて歌詞の色変えるには? → あとからググる
      3. パタパタと自画像が表示されるエフェクトにしたい → あとからググる
      4. シーン代わりにキラキラ~と星が流れてくる感じで → あとからググる

最後に

一番重要なのは何がしたいか?です。

それ以下はただの手段でしかないわけで目的じゃないのです

ですからAviUtlやAudacityが小難しく感じたら別のわかりやすいソフト使えばいいのです。

サウンドブラスターやATX11を買うお金なかったらマイクジャックへイヤホンぶち込んで無理矢理マイクにしてしまえば良いのです。

なので勘違いしやすい人は手段が目的化しやすく、その最たるものがやりたくもない手段の学習に集中してしまうというパターンです。

なのでそのパターンへ陥った経験のある人はまず勉強することをぶん投げましょうw

勉強せずとりあえず始めましょう。物凄く楽しくなりますよ(*´∀`)

まあそんな感じで上手くやってみてください。

以上です。長文にお付き合いいただきありがとうございました。



コメント

○⌒o⌒○えもー
No.1 (2013/05/19 22:17)
この記事に出会えたことに感謝してます。ありがとう
keigo
No.3 (2015/08/02 15:40)
参考になります!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事