TAMのブロマガ

TAMは、「手伝いに行けるオタクパフォーマー」キャラとして最適?

2014/04/23 13:31 投稿

  • タグ:
  • 同人音楽
  • 同人
  • 自主制作
  • 音楽
  • 演奏してみた
  • オタク
  • アキバ系
  • バイオリン
  • ヴァイオリン
  • TAM
TAMは、「手伝いに行けるオタクパフォーマー」キャラとして最適?

しかも、

TAMが、この構築に「日本一、世界一」最適である!

という刺激的なキャッチコピーを元に、その理由と、オンリーワン戦略の方向性を、、、

書いている最中に思いついたので覚書。



音楽と一緒で、脳内にアウトプットしきれないレベルの妄想が幼少の頃から永遠に出続けているので、
たまたまた音楽表現と、学業勉強偏差値、という2つにおいえてレールがあったので乗っかって結果が出た(途中で挫折したけどね)
こういう、脳内をアウトプットする使用能力的には一緒なので。(参入障壁低いのでこれでオンリーワン差別化は難しいけど、
内容がオンリーワンならいけるか?と思って、最近動画編集の熱が冷めたのでこちらにリソース投入している。




_____________________


海外で日本ゲストとして招待される事があるが、、、
TAM以外「全員」企業や事務所や大手に属していたりしているイベントもある

現状において、TAMの活動規模で「一人で営業から経理までやり全国海外展開する個人運営」
は、そもそもごく稀になってきている

=今後もTAMと愉快な仲間たち で構築できる範囲内でしかやらない。


と。


全国世界に「単独で一人で」行く人は、日本全国、世界のイベントに4年間60回くらい「一人で」参加したが、、、

同じ規模、レベル、サークル知名度やファン数において、一人で遠征している人は
「見たことが無い、まじで、」


超ダントツで、圧倒的に、TAMがNo1です

「規模や知名度やファン数、活動履歴 対 一人で遠征する率、量、地域の幅」

です。
同人誌の場合は、パフォーマーじゃないので、一人でも可能かもしれないけど
全国~世界でパフォーマンスを行う現役、という条件で、ね。


で、2位の人の2倍以上、圧倒的、ダントツで一位、だと思われます。

例えば、シンガポールでも。中国でも。ライブとかパフォーマンスを行った日本からの遠征は
累計で10以上のチーム、サークル、がありましたが

TAM以外は全員複数チームです。。。。

TAM一人だけ。 普段のメールのやりとり、交渉、から、当日のパフォーマンス、メイン売り子スタッフ、まで兼任していたのは
その他、他のイベントとかの話を聴いても「数十人に一人」レベルです、TAMは。

圧倒的に一人だけ、です。

海外ライブを定期的に(3回以上、毎年)行うレベルで一人だけ、なので・・・
例えば全音楽サークルにおいてもNo1だと言える、として。。。
あ、サンホラとか、志方あきこ、のレベルだと、、、同人音楽(M3への出店、同人流通での作品製作頒布流通。の頂点だけど、もちろん一人じゃ動いてないしね


とすると、1000サークル、1000チーム(M3出店サークル数で、現状動いているチーム数を算出)
の中で、唯一、一人だけ、オンリーワン、だと言える


そんなTAM。


全国、世界に、「一人で」行くわけです。
もちろん海外だと、日本からのツアー的なものに参加はするけど
例えば先日の上海中国では、自由時間4時間くらいを、一人で街ナカあるいて、撮影して
自分撮りしてましたね・・・


その、全国世界に行って、現地での「手伝える仕事量」は、MAXなわけです。

TAMが一番なわけです、、、、


・・・・・。





というように

TAMファンに対しては、俺様アピールができる、か???

一緒に活動できる、手伝えるキャラクターとしては、オタク系、同人系、同人音楽系、サークルにおいて、最適な人物である。


と。


思考を書きなぐり。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事