TAMのブロマガ

カラオケと歌い手とバブルと分析(雑記)

2014/04/23 11:54 投稿

  • タグ:
  • カラオケ
  • 歌い手
  • バブル
  • 分析
  • 経営
  • コンサルティング
  • ビジネス
  • 同人
  • 自主制作
  • 歌ってみた
書きなぐりです





歌い手。

音楽の花形、歌。ボーカル。


それが脚光を浴びる

演奏してみたより、ずっと、何倍も市場規模が大きい。需要が大きい。10倍は大きいか

私TAMは、演奏してみた。の投稿者であるが。。。
歌ってみた、も、一度だけ投稿している。^^

^^;

まー一度やってみて、改めて自分で見て、もう二度とやらないと思ったけどね
でも、動画は公開したまま、まーみんな叩いてくれるなりして遊んでくれればいいし^^


でも、TAMでも歌って見れるように・・・
参入障壁は低く(カラオケと楽器演奏対比)、供給は、さらに100倍大きい


そういう、市場規模と受給と参入障壁により、イマが、どんな状態なのか
バブルなのか適正なのか?







趣味としては、最大なのが「カラオケ」=歌

か???

どんなスポーツや芸術や趣味よりも、歌う人、は多いのかな???

ゲーム、漫画、アニメ視聴、ドラマやTV視聴、といった、「受け身、能動形」
を趣味とは言わないで、あくまで
「クリエイティブ趣味」「アウトプット趣味」「体や思考を動かして形に残る趣味」として、ね。




個人でも楽しく歌える場所として、趣味として、カラオケは絶大な人気を誇った

そしてその後、カラオケレベルの素人が、、
プロじゃないのにインターネットで人気になり、、、
TAMもプロじゃないのに、素人の演奏がインターネットでニッチに人気になり、


人気が出て活動してキャーキャー言われる事ができる道として
歌い手 という言葉ができた

けど、それは歌い手が「時代別でみて相対的に」凄いんじゃないクて

カラオケが流行って歌う人はもともと沢山いたけど
時代が、タイミングがあわずに、超うまい人が世の中に公開せずに

オーディションを受けた人のみが、審査されて、条件を提示されて
プロになるかならないか、という世界だけだった・・・

その道以外だと、ストリートライブ、くらいだよな・・・

それか、TVの公開オーディション、その他非公開オーディション、だけ。


ネット活動というのは、ストリートライブとオーディションの中間みたいなもので

沢山人が集まる場所へ投稿して

それで数百万人のユーザーの視聴によるランキングやコメント数マイリスト数による投票
拡散による口コミ、等が合わせ技にて、、、

現状が出来上がった。




イマ、もうかなりの年月がたち、5年以上の歴史が創られ、、、
インターネットの流れは早いもので。もうバブルは過ぎた、のか?
当時のような爆発的な熱狂は、数字(視聴数等)で見る限りではもう無いのだが

でも、イマだからこそ出来る事はないのか??


この一連のバブルを、収束したからこそ、この一連の流れを、分析し考察しえる所はある、

、、、


インターネットと動画配信が一気に需要と供給の関係でバブルになって

スマートフォン普及とスマフォアプリの普及みたいな事になっただけ、、、

で、そこから、例えばスマフォとニコ動が同じレベルで一大勢力を築いたのは

15年前?のJ-POPバブルの時に
TVゴールデンで、歌番組は当然、
女優も芸人もみんなCDをリリースしたりオーディション(モー娘。)したり

高校生の授業後の遊び=カラオケ という図式も相まって

音楽産業が超巨大産業になった、それが「通常」の市場規模のはずがない、、、
それは、いろんな結果として、それだけの市場規模に膨れ上がっただけで

それはバブル(適正水準では無い)ということ





そういう経済的な事を理解せずに、このバブルの状態だとか
何故素人がいきなり有名になって人気になってCDとか出せたのか、、、

を説明する事はできるのか???








話を戻すと・・・




カラオケ の流行り、バブル
J-POPの市場規模とバブル
TV番組はじめ、マスコミのパワーによるバブル(TV放映時間分析とか)
芸人や芸能人が歌手デビューをする、バブル

そこから、、、そのバブルが終わった後に
ネットバブル、ITバブル。。。。 による、個人でデジタル記録したデータをNetで全国世界に発信する投稿文化

・・・。



そういった漠然とした流れを、妄想を含めて考えると面白い^^




例えば
2つのバブルがもし重なったら、時代はどう変化していたか?
とか、考えて、頭の中で自分でシミュレートして遊ぶ、、、

それを、15秒とかで行う、、、

みたな妄想を、延々と毎日何十回と脳内で遊ぶ、、、=分析

趣味と実益が重なっている。



TAMの音楽以外の趣味であり、遊びである。





あれ、まとまらない^^;


ま、こんな程度の文章しか書けない、事を記録しておこう^^

TAM活動最初期、下手な演奏でストリートライブやったり、Net動画投稿したけど
10年後、まともな即興文章かけるようになるはずだ!!

このイイワケ文章は、たぶんずっと文章の最初や最後に書き続けますが、
これを書いて精神的に楽になりつつ、とにかく下手でもアウトプットしまくる、
これ最強!これで演奏がここまできた!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事