TAMのブロマガ

「TAM」というキャラの最終目的? TAMによる環の理想郷は?

2014/04/23 10:26 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • 宗教
  • 経済
  • 同人
  • 同人音楽
  • 自主制作
  • コミケ
  • 理想郷
  • 自己啓発

私TAM の目的。


TAMが一番楽しむ
そしてTAM活動が一番発展する事で「喜ぶ」人を巻き込んでやっていきたい^^

そのバランスによるTAMの幸福の最大値を狙う!

自分の楽しみ5:周りの楽しみ5 かもしれないし、9:1かもしれないし。


TAMがどんどん大きくなって、ずっと成長していたいし、ずっと試行錯誤したいし、登り続けたいし、考えたいし、行動したいし、、

そして、こういう事を考えて、行動に移して、結果として飛躍する事を 「喜んでくれる」
人と一緒に活動したいし、「喜んでくれる」人に対してアウトプットしていきたい


動画・ライブ・CD で喜んでくれる人は、TAMが永久に活動し続けることを望むだろう
それが最大の望みのはず。
超高クオリティのものを作って欲しい、という人は、そもそも即興+アマチュア趣味としてゼロからアウトプットしているTAMキャラクターに求める人は殆どいないだろうが・・・

そして・・・
その望む人たちを、どのようにして「巻き込んで」、そして大きくなるか・・・

この、巻き込む、というのは、非常に難しい

前回のブロマガにも書いた
「政治」「宗教」「経済」的な考えになってくる
YouTube、ニコニコ動画、Twitter、のフォロワーで(たぶん)5万人居る中で
やはり個人の狭い視点で見ては、うまく活動して大勢のファンを巻き込めないだろう

そして、それをやりきるのが、、、
自分が1000の動画、1000曲の楽曲を、世界で毎年1000人ライブを行って、世に出して来た中で繋がったファンとの環の理想型を完成させるために、、、

人生をかけたTAM活動の環の集大成。 を妄想する日々。

例えば。オープンなコミュニティとしては。コメント欄的なものがある

クローズドなものを今やってないが、それを考えると・・・
100とか、細かく数えれば1000はある。
例えば運営モデルというものを、膨大な選択肢を考えた上で、決定させていき、そして撤退や修正がきくようなリスクマネジメントもしつつ、やっていく・・・



・・・・。


ん~~~~。もう100時間以上は妄想している。

実際、やってみれば早いのでしょうけど。妄想するのが楽しいから、妄想しているんでしょうね、と自己分析。




さて。一度、周りを巻き込んで、というのは、、、今この文章を書いている7年前までに最大までやった。そして一度やめた。

TAM活動5年間くらい、周りを巻き込んできて。

そして、いろいろあって(他参照)
その後5年間は、1人で海外行ったり全国回ったり、商業やったり、オリジナル団体起ちあげたり、リアルの仕事とか身内とかに力入れたり、してきた・・・

で。

10年目を超えて、その集大成として・・・

10年やってきて貯めた力を、、、今後20年間、30年間続く構築としての設立を目指す。。。

・・・・

妄想を、今数年単位でししつつ、徐々に構築していっている所。




TAM活動を10年行ってきて、、、

もうこれは、人生最後まで続く、事がほぼ確定する
いや、続く可能性が飛躍的に上がった。
からやっているとも言える。

それは、10年間で、共にやってくれた仲間で、一生ついてきてくれる、一緒に活動してくれる
という沢山の仲間と一緒に活動することが、やはりいちばん楽しいし充実しているし
そして10年経っても全国世界で変わらず繋がる関係者、ファンの輪。


二次創作活動やオタク活動しているだけなら、無料で投稿しつづければいいだけですが
やはり自分は、なんかシステムを組んだり、何かを勉強して、それを「活かす」のが大好きで。
実験と結果みたいな、ね。

TAMのやっていることは、同人サークル活動、制作活動、も入ってきているから「経済」的な所もあり
TAMキャラとして、顔出しして、自分の思想や自分の好きな作品の布教を全国世界に10年1000コンテンツ以上発信しているから「宗教」的でもある
そして、
TAM国家を運営する、「政治」的な手腕も必要とする





TAMが1人で楽しんで、良いモノを生み出して、それを公開する、、、

それを続ける事は出来る。

ただ、それは、個人でできる範囲内となる


それより上の事をやろうとすると、、、
宗教・経済・政治・ あたりに通じるものが出てくる。。。

し、そういったものは個人的趣味であり、いろいろと勉強したり知識を吸収したりして
「なるほどね~へ~~」と感心し

「じゃー具体的にこの知識を自分の人生に活かすとしたら」

と考え妄想して楽しむ。
もちろん実名活動での人生の方で活用することもあるのだが、、

なんといっても「TAM」活動は、本当に自由に実験も出来る

もうほんと、その時に興味のある事を、どんどん手を出して・・・
それは「好きな作品に手を出す、アニメゲーム漫画に手を出す」
とか「音楽、楽器、演奏、動画、撮影、機材、」とかの新製品とか新しい分野に手を出す、
というようなレベルは当然ですが、そんな狭い範囲のもんじゃない

政治宗教経済、なんでもござれな自分の趣味の場所として
「実名ではちょっとな~」というレベルのものを全て実際に楽しめる活動の場として

この場所があり、そしてTAMというキャラクターと、そのTAMの経験実績から成り立つ
自主制作活動、演奏活動、そして所属メンバー、スタッフ・メンバー、関係者、ファンとの環。


。。。


そういったものを全てあわせた集大成的なものを考えると・・・

・・・TAMによる環の理想型。それは???

理想郷??

その具体的なプランは、構築は、??
オンライン、オフライン、
オープン、クローズド、
どこまでの範囲を対象にするか、、、
CD買ってくれた、サイン会握手会に来てくれた、ライブに来てくれた層までか(累計数十万人)
動画視聴をしてファンになってくれた人全員か(累計数千万人)

その成功確率は、メリットデメリットは、使用リソースは、

、、、
、、、、






あれ、話ずれてきた^^;


えっと、タイトルなんにしようかな・・・

「TAM」の存在目的は、(実名じゃ出来ない事を)楽しむキャラクターであること

かな^^








コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事