TAMのブロマガ

7割の成功率でやれ!5割では低い、9割では高い

2014/04/23 09:35 投稿

  • タグ:
  • 自己啓発
  • 経済
  • ビジネス
  • 同人
  • 同人音楽
  • 自主制作
  • TAM
  • 二次創作
  • 仕事術
  • 確率統計
経済は、感情で動いている。。。

生産者は、特に上位層の生産者は、ほぼ全てロジックで動いているし、
計算できない所も、確率統計で動いている

日本一の金持ち(あえての表現)
孫正義は、、、

7割の成功率が予見できれば事業はやるべきだ。 5割では低すぎる。 9割では高すぎる。

という名言がある。

たしかにね。9割まで高めていたら、ダメ!!!

孫社長のレベル(未成年から海外留学、20歳くらいで、1億円の翻訳機発明をするレベル、で、さらに経営者としても年商数千億の企業を率いるレベル。)

でも、7割の成功確率で発車しないとダメ

とはいえ、1000の未来予測を書いてこい、企画書を書いてこい、と言っている

それくらいの事前準備や予測をだし、確率が7割行ったらやる! と。


・・・


で。

TAMは、どうなんだろうな・・・
失敗してきた事も多いし、、、


例えばライブ企画は。動画企画は、CD企画は。。。

傷は浅いが、計画~実行。という意味では、新規立ち上げの成功率は7割くらい、かな・・・


例えば、ニコニコ系のライブや、ニコニコ系の動画、の、最初の一発目をやってみて、
その結果で撤退した。


それは失敗にはいるかな??
(明確には、別にそこまでリソース突っ込んでないけどね)

その他、動画投稿にしても、ライブにしても
とある企画が「あまりに時間を使いすぎる、精神力を使いすぎる」わりには効果もなければ、自他の満足度も低い

というものはあったでしょう。

全ては、リソース対満足度 の図式なのだが(この言葉はTAMのオリジナル)




・・・。


7割の成功でいい! として行動しないと、結果機械損失となる。

9割の成功では高すぎる、という所。


TAMは現在、95%くらいの成功率で企画を回している。20回に1回くらい失敗、かな。


でも、人を動かす、というところについては、やはりロジックではどーにもならない所で
そこが極端に低くなる。。。

TAM個人の視点でいえば、
TAM企画のリスク要因の大半をしめる人間関係を減らせば減らすほど、TAM企画の成功率も満足度もあがる、、、

が、結局一人や数人でできる範囲内の事しかやらないので、成功確率のUPの弊害として
多人数でやる大きな企画は、出来ない、ということになる・・・

・・・・



自分の人生、5年前がMAXの大きさで、
リアルで名古屋のTAMUSICライブに集まったメンバー・スタッフが35名

全国入れて、50名のメンバースタッフ。そして
オンラインのメンバースタッフも入れれば100名以上。
あれが同時刻でのMAXだった。累計だと400名だけどね。


でも、、、

それを抱え込むだけの技量も構築も知識も努力も精神力も体力も時間も無く

そこまでして得られる結果は、TAMの満足度するほどではなかった・・・

当然よい結果とはなったが、かけるリソースに対しての満足度としては
自分一人で、もしくは数人でやった方が、断然に高かった・・・


やってみて分かる「体感」ってあると思う


結婚をしてみて、子供をもってみて、お金持ちになってみて、完全に自由時間を与えられて、、
そこで見えるものってあると思う

結婚と子供は不可逆なので、TAMの人生にその選択肢は今のところ3%くらい

それを7割70%まで引き上げる程の女性が現れたら、、、そりゃ結婚するけど

その可能性は、、、やはり3%なんですよね(%の対象を途中で変えてますよ)



・・・。


話は脱線したので戻すと・・・


今現在、成功するものしかやらなくなった。

それが、自分の求める所だったし、失敗したり、ごちゃごちゃなった時の精神的マイナスが大きくなるし
ましてやそれが対人だった場合、、、、もうどーしようもない

他がほぼ全てうまく回っているため、そこだけが格段に際立ってしまう


その為にも、

このように、TAMキャラ、TAM節、俺様TAMを出す事で、、、

結果的に認知される方が楽なわけで・・・


で。

一番最初の話に戻すと。



7割の成功で突き進め! というのは、だんだんと年をとってくると、そこから逃げたくなる

けど、、、

今、自分の人生、超たくさんの選択肢がある中で、、、、

何を選ぶべきか、何をやるか、、、

「7割の成功率で挑戦」すべきである、それが最大期待値の結果をもたらすはずであろう^^



^^

あれ、まとまらなかった、? まとまったかな???

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事