TAMのブロマガ

国の借金で騒ぐけど、日本一の借金会社、どこか知ってるの?

2018/03/29 17:44 投稿

  • タグ:
  • 経済
  • 政府
  • 借金
  • 国債
  • ソフトバンク
  • 孫正義
  • 年金
  • 税金
  • マクロ経済

国の借金が1000兆円とか、、、

日本政府の総債務残高。
GDP比で240%。圧倒的な世界一
ただし、、、、
国民の貯蓄率も、圧倒的な世界一

これが何を意味するのか、、、

例えば。
歴代の日本において、一代で1番の大金持ちになった人は、
日本で1番借金を抱えた人でもある(株主比率で考えて)

15兆円とも言われる借金を背負うソフトバンクにおいて
孫正義社長は、21%の株を持っている

株式の状況 | 株式・社債について | IR情報 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
https://www.softbank.jp/corp/irinfo/stock/ownership/

ざっと考えて、3兆円の借金を抱えていると言っても良い。

フォーブスがまとめた、世界の金持ちランキングにおいて
損社長の資産は204億ドル(約2兆2000億)ほどと推計されている

資産が2兆2000億円あるけど、でもそこには3兆円の借金が残っている、借金をして、資産を築く


これが理解できない人は、いつまでたっても理解できない、だろう。
他の企業でも、上場企業等ならどこでも、財務の資料はHPからpdf等で見れるだろう。


。さて、バカが借金をした場合は、地獄へ落ちる。

逆に、日本一の経営~投資の天才が借金をした場合は、どうなるのか・・・???

弟は、孫社長より頭が悪く、東大にしか行けなかった?と言われているとかいないとか
孫社長は、10代でアメリカに留学し、自力で翻訳ソフトを開発し、1億円を20才頃に手に入れるという(うろ覚え)それくらいの超天才
当然、若くして留学したから英語も話せるし、世界的な企業との国際交流もある
時価総額世界一となるアップル社のiPhoneを日本独占販売したり、といった営業交渉能力も、日本一ではないだろうか

東大を途中で中退してビジネスを立ち上げたホリエモンよりも上なのか??

さて。
バカが借金をしても、無駄な消費に消えるだけだが、
孫社長は、投資においても日本一の手腕となっている
借金をしたからこそ、、飛躍したのだ。。

ここは、誰でも理解できるだろう。実際そうなのだから。


そして、では。
日本国において、孫社長、ソフトバンク、と視点を同じにして考えてみればどうだろうか?
それを頭に置きながら、また以下読み進めてほしい。


もちろん国と会社は違うとはいえ、ソフトバンク+孫社長の信用度においてさらなる投資を呼び込み(いわゆる借金~有利子負債とは違うが、信用とリターンという意味では似ている)
2017年には、サウジアラビア政府やアップル社(製造業時価総額世界1~3位?)等から総額10兆円のファンドを運用することになったのだ。

携帯電話の将来性、ネット、Yahoo、アリババ、Wifi、スマートホンiPhone、等々、
全てにおいて兆円単位のプラスを当て続けて、

2017年度、時価総額が日本に企業 TOP5に入った
8兆5000億円ほどである

それより上は、
トヨタ、NTT、NTTドコモ、東京三菱UFJ銀行、しかない

戦前から、軍需産業や国の基幹となる通信、財閥系の銀行として名のある企業の中
たった一代でここまでの企業を創り上げてしまった。

アメリカでこそ、一代で巨大企業を創り上げた伝説は沢山ある
Google、Amazon、Facebook、マイクロソフト、アップル、等々、、、

それとどうにか比較して語る事ができる唯一の会社が、ソフトバンクではないだろうか

さて。話は脱線したが、、、

結果的に、ソフトバンクの借金は「良い借金」となったわけだ。

銀行や株式において、大勢の人が「ソフトバンクにならお金を貸してもよい、株を持ちたい、社債を買いたい」となったわけだ

そしてそれは見事に成功し、ソフトバンクにお金を貸した(ソフトバンクが借金をした)分はその何倍も大きなものになって帰ってきている
孫正義社長は、日本一の金持ち。これは異論がないと想う
日本一の天才。金儲けの天才。経営の天才、借金をして、それを投資して10倍100倍1000倍にする天才。
これも事実である。

儲かったお金を元手に「こんなに儲ける事ができた私と私の会社を信用して、もっとお金を貸してください!」
とやっているのである。
(だから、株式の配当性指向は低い。上記の時価総額TOPの会社は、2~3%の株主配当=利子を出している)


バブルの時の土地ころがし、のように、
借金して土地を買って、その土地を担保にさらに借金をして、、、となった場合
バブルが弾けたら一気に終わる。
土地を買うという、誰でもできる事には付加価値は無いし、虚無だったわけだ。
経済危機となった場合に、実際に経済的に生産性の無いものは、一気に崩壊する
仮想通貨なんて、まさにその代表的な例である

ソフトバンクも、借金に借金を重ね、、、もし何かが失敗をしたら、、、
そのお金を貸していた、15兆円(+株式での投資、孫社長以外で7兆円弱)
は、消えるわけではあるのだが・・・。

ただし、日本一投資がうまい、日本一の天才に、日本で1番お金が集まる。
日本最高の天才に、日本で1番お金を運用してもらう事は、、、
正しい事、ではないだろうか???

だからこそ、回っていく。経済が回っていく。
結果的に日本国において、ソフトバンクのなし得たプラスは計り知れない
(常に借金をして、税金を払わない、という話はまた別の機会に^^;)

これが、信用を担保とした借金をする事で、会社が、しいては国が発展していくということ。

ここまで納得したら、本題に戻ろう。


・・・

さて。日本国が、借金をする。国民に借金をする。

これは、どういう事なのか・・・
ソフトバンクの状況と重なる部分もある事が、わかってきただろうか??



国民が「お金を使わない」もしくは、国民が「自分の力で投資をしない=株式とか」
アメリカや中国等における資産運用比率に投資がかなりの比率あるのに、日本は貯金大好き、なのである。投資をしない、のである。

ローンを組んで、身の丈を越えた家や車を買ったり、、、する率も、かなり低いのである。
でも、働いてお金を稼いでいる。モノやサービスを生産している。
生産するけど、消費にはそこまで興味が無い。

もう満ち足りた世の中において、その変化をどう吸収していくのか、その手法の一つが、国が国民から借金をする、という事なのだ。

誰もモノやサービスを買わなくなると、経済は停滞し、デフレになっていく。

でもここで「日本国が、日本国民が、能力があり生産力があり、パワーがあるのなら」

国民が稼いだお金=銀行や生保に預けたお金を、そのまま塩漬けにせず
「何らか」に年間一定額を使っていく

そこに正義が少しはあるのではないだろうか

当然、政府を動かす官僚がダメだったり、政府が人気取りで減税を繰り返すだけで、無駄金を使ったり賄賂でバカだけど利権をもっているだけのバカにお金をあげているような国は、、
消えていく、没落していく、、、
ギリシャは確か、公務員が多すぎて、国が国民に対するサービスの人件費が多すぎて、破綻した

日本はどうか。。。
現在逃げ切りの中高年と非正規雇用ばかりの若者の世代格差は置いておくとして。。。
必死に切り詰めて、大きな政府を小さくし、郵政民営化し、公務員はどんどん給料は下がり、非正規雇用が増え、、、
そういった痛みというのは、世界的にみればしっかりやっている方、である。

日本という国は世界でも人口比率で言えば、歴史上No1の経済発展を遂げた国であり、その政府や官僚や国民性は、「世界的にみても」世界一優秀であると認定されているからこそ「世界から借金ができる」ということである。

実際はギリシャのように世界から借金をせずとも、
貯蓄が1000万とか何億とかある層=世界的に活躍している企業の社員や起業家等
のおかげで、日本国民から借金をしている事になっている

ここで、低所得者ほど「え?借金してんの?やばくね?」とか思っているだろうが、
安心してほしい。
低所得者からは借金を殆どしていないのだ
将来的に増税という事になっても、低所得者の増税分はかなり減るので、「国民一人あたりの借金が~」とか言っているのだが、あれは実質的に税金と同じような累進課税となっているはず
将来最悪の状態になり、デフォルトした時には、低所得者ほど失うものは少ない
そもそも、無い所からとれない、のであって。
低所得者が「10万円多く取られた~」と言っている時には、高所得者は100万円、1000万円、とられているのだ。

銀行は1000万円まで預金を保障するというアレ。
個人において、最悪の場合は1000万円までで統一し、それ以上は没収ね。という事とも通じるものがある。

具体的な最悪のシナリオとしては、、、
東日本大震災みたいなものが、おこり、1000年に一度どころか、1万年に一度のレベルの東海大震災がおこり、東京~名古屋~大阪が壊滅し、原発が爆発しまくり、、、いや、日本列島が沈没する勢いの災害が起こった場合は、、、
、、、

・・・

というリスクを考えればキリがないわけで。。。

結局、どこまで借金をして、どこまで国民の貯蓄を政府が代わりに使う事で、国の経済を廻していくか、という舵取りの問題であったりする
ソフトバンクがどこまで借金をして、どこまで成長をするか、、、
と似たようなものである。


私、オタク演奏者TAMの関連でいえば、、、

クールジャパンで総額600億円を根出確定したのが、2016年、頃だったか。
そういうような事をやっているから借金をするのであるのだが、、、

それをまったくやらないのか、やるのか。。。

やるとしても、賄賂のような形になったり、どんどん公務員を増やしたりすれば、それは破綻へと向かう
または、そもそも日本という国、国民、国内会社にお金を渡した=国民の銀行貯蓄からスライドして渡した、として
将来的に日本のパワーが弱まり、国際競争力や内需が弱まり(人口が急減する、という内需の弱まりが最大の弱点であるのだが~)という予測をするなら、そこまで借金をしないほうが良いのである。

・・・

借金と聴いて、ウシジマくんや、ミナミの帝王、ナニワ金融道、を思い浮かべると、、、あの借金は、ほぼ全員バカばかりである。

バカが運営する会社の借金は、地獄への入り口
日本一の天才、孫正義社長は、日本一の借金王であるが、、それだけ信用があるからこそ借金できた証である
株式時価総額で日本5位まで1代で上り詰めた、日本の歴史上最大伸び率の企業を創り上げた手腕だからこそ、天国への切符だったわけだ

さて。

日本という国は、政府は、官僚は、、、
借金をして=お金を使わない国民の代わりに、銀行預金を国債という形で徴収し、それを分配しているこの現状において、、、
地獄の入り口なのか、天国への切符なのか・・・。

あなたは、どう考えますか??
それこそが、天国へも地獄へもいける最大の分岐点だと想うのです。



ちなみに、国債という形で徴収せず、国民の貯蓄を担保として日本円を刷るという事をしなかった場合。。。

日本円が暴落し、ハイパーインフレになる。

世界一の貯金大好き国民として(=貯金できるだけの能力がある国民として)
その貯金を担保にした国債という形での借金だからこそ

日本円は強いままであるし、国際的にも日本は、日本政府は、日本国民は、認められているのである。。。

世界中の国から、円を安心して買われ、日本資産を持たれ、日本と経済的な結びつきを強くしているわけである。

。。。。

。。。。。

さて。国の借金。それは、銀行に眠っているお金をどうするか。
生産する=給料をもらったのに、それを使わない国民に代わり、政府がお金を使う。この流れ。



以下。個人的な雑記

ちなみに私は、自分で運用し、投資し、外貨を持ち、しっかり会社や人や、海外を見極め、ている。
個人がやれる範囲内なので、お遊び程度ではあるが、、、、、

それでどれだけの実利を得る事ができたか、将来いつか話ときが来るのか、来ないで死ぬのか、、、、

そもそも10代の時から株式投資をやっているくらいに、具体的に身銭を切って、経済というものを考えて、見て、触って、きている。

毎年100人以上東大受ける進学校に間違って流れで入ってしまい、遊び人だった自分とは異質な世界、無駄な受験勉強、知識詰め込みのレールの末の将来性に絶望し、、、
その後、引きこもりニート状態になって、部屋に篭って毎日15時間、パソコンを触っていた、PCゲームとインターネットばかりやっていた

その頃に、学校の授業の何倍もの知識吸収とPC上での経験値により、株式投資等も経験したわけだが、、、

その程度のニート独学でも、経済について語る事ができるし、口だけじゃなくて実際に投資運用して成果を上げている。
素人のビギナーズラックかもしれないが、10年以上のトータルでもプロのトレーダーに余裕でなれるレベルの成績をあげているし、複数の人、身内にも指導してみんな成果を上げている

ま、踏み込んだ話は、ここまで。また15年後くらいに全部話しますし、証拠画像とかもUPします^^;





。。。。

終わり。


。。。
これは、新聞~ネットニュースを毎日読んでいる程度の、高卒の、
世界ライブ年10回やる、(多分)世界一の活動範囲のオタク演奏者の戯言。である
専門的な学びは一切無いし、本を沢山読んでいるわけでもないからこその切り口だったら幸いである













コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事