TAMのブロマガ

年金問題にみる、個人で日本一海外ライブ行っているオタク演奏者の世界視点の見解5

2016/11/20 18:00 投稿

  • タグ:
  • 年金
  • 年金問題
  • 政治
  • 日本
  • 国家
  • 経済
  • マクロ経済
  • 医療費
  • 老人
  • 少子化


捕捉・・・。

日本が相対的に地位が落ちる=国際的な為替的な、通貨の価値が下がる=国家として通貨発行権があるにしろ、その通貨で石油等の資源、海外の工場からの製品を買う事ができない=国家破綻への道を、、、

という。
この通貨を統一するEUが、ギリシャの国家破綻と通貨の危機、の大問題に発展した

諸説あるが、端的に言えば、ギリシャは、国家公務員の数が多すぎ、国家サービスが多すぎ、その割に国際社会的に稼ぐ、価値のある企業もギリシャには無く、外貨を稼ぐ事もできないのに、国民の保障(公務員を雇う事による雇用対策や、公務員年金等も含め)が手厚くなりすぎて。。。

そうなったなら、徐々に国家の信用が下がり通貨が下がる所だが、EUのユーロという共通通貨の為に、他の加盟国全員が、国力が無く信用が無い国に足を引っ張られる形となった

どのみち隣接している国家が崩壊したら、難民や犯罪率の増加、輸出入の停止や信用不安による経済打撃が大きいので、全体で協力していかねばいけないのだが。。。

共通通貨というのがどれだけ大きな事か、それを共有している国家こそ、EU全体の共通意思で、国家としてダメな場合はEU全体が政治介入をしたり、、、するのがベストなのだが、、

合衆国、ユナイテッドステイツ、であったり
ロシア連邦、中国、であったり

それぞれ強力な軍事力と発言力、中央集権での統一が無いと、通貨とい経済統一の難しさが露呈している、、のかも。。


やはりそこは、国家単位独立して通貨が一緒、という状況では、
国家への干渉が難しい所、なのでしょうか・・・

そう思うと。

通貨としての価値を高めていくより、やはり人生80年の中で、どれだけ自分が信用を積立て、そしてその信用から私の人生の夢を叶えてくれる同志、仲間、ファン、支持者、を持てるか。

私は全国世界にそのネットワークを広げており、現在は殆ど招待ライブでお金をまったく使わずに海外渡航してゲスト扱いを受けている身としては、
結局通貨は二次的なものでしかなく、本質は「信用」であり、それを裏付ける「国力」である。と身をもって考える^^

という自分の世界的音楽活動と絡めた話は、また別の機会にでも^^





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事