TAMのブロマガ

年金問題にみる、個人で日本一海外ライブ行っているオタク演奏者の世界視点の見解4

2016/11/14 21:27 投稿

  • タグ:
  • 年金
  • 年金問題
  • 政治
  • 日本
  • 国家
  • 経済
  • マクロ経済
  • 医療費
  • 老人
  • 少子化


私TAMは、今年アジアに9回遠征を行い、6都市でライブを行う

私TAMの国際的なサービスは、完全に同一です。
Netのちからを使って、音楽を、演奏パフォーマンスをデジタルで届けて、ファンに楽しんでもらい
そして現地へ行って、アイドル的な人気でファンが集まり、握手してサインして、熱狂的に迎え入れられて、、、、

さて、そこからが違う。

そこで渡航費がでるかどうか、接待がどうか、サービス力や購買力的なものは、完全に国際国力に比例する

アジアの国々では、そもそも高額な医療費を国が負担してくれるわけでもなく、老人になったら家族や地域社会が面倒を見て、面倒を見きれなくなったらそのまま自然に老衰していくのが、自然の摂理だったりする

高齢者に直接現金と医療サービスで、月2000ドルほどを全員に支払う事が出来るなんて国力は、今でも全人口のたった5%ほどしか享受できない特権階級だったりする。

病院のベッドで、高がん治療をしたり、チューブで人工的に寿命を延ばしたり、なんてのは、人類史上稀にみる状況であり。

それができる国力ならするべきだが、、、

この国際社会の現代において、日本という国が他の近隣アジア諸国や世界中の国々に比べて相対的に下がるのなら、、、
自国民だけ良い暮らしをさせ続けて、メイドインジャパン以外の食べ物や工業製品や、石油等海外資源を使い続け、、、なんてことは出来ない

必ず日本国民(先進国の中でも急速に少子高齢が進む国)は、相対的に下がっていく
他の発展目覚ましい、月数万円の月給で、病院にもなかなか行けない、老人は年金なんて殆ど無い、そんな方々の生活は上がっていくだろう

相対的に、というだけで。実質的には技術革新で豊かになっているし
私TAMのように。日本に居住しながら、世界の躍進するパワーを得る為に、毎年全世界の都市を1回づつ廻る、ような活動をしつつ、
日本全国の都市も毎年1回づつ廻る、ような活動をしつつ、

このようなマクロ経済の流れを読み切り、今自分が何をすべきか、、自主制作、個人活動としてどの方向性の波に乗ればいいのか、、、

国がどーこーだとか、政治だとか、私は別に何かを変えようとは想ってないです

ただ、予測より大幅に時代は変わっていくし、大幅に時代が変わった時は「こーする、年金額減らす、慎ましく生きる」とかの指標を設定せずに、後伸ばしにしてきた政治は、、、

やはり、国民投票、選挙で直ぐにかわってしまう民主主義そのものにも問題があるし
老人が過半数の民意なら、それも民主主義の姿なのかもしれないですね。

今後50年後とか100年後とかになったとき、
社会主義、共産主義が破綻し理想と現実。というものが教科書に載ったりするように。

民主主義の理想と現実。のように。
18才まで選挙権が無いなら。同じように、後期高齢者にも選挙権を無くす。というのがもしかしたら当然になっていくかもしれませんね。

民主主義は、昔は男だけ参政権があった。そして女性、20才以上、18才以上、、、そして、、、今後どうなるのか・・・


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事