TAMのブロマガ

年金問題にみる、個人で日本一海外ライブ行っているオタク演奏者の世界視点の見解2

2016/10/31 18:00 投稿

  • タグ:
  • 年金
  • 年金問題
  • 政治
  • 日本
  • 国家
  • 経済
  • マクロ経済
  • 医療費
  • 老人
  • 少子化


「日本国民が貯蓄をして全然お金を使わないから、銀行さんその預金を国に回して使うから」

という時に、日本国に信用があれば、それが廻る。お金の使い方を国に任せる。

一定数のお金を常に使う事は雇用につながるし、生産消費につながる。
国力と相談しながら、一定数の生産消費、需要と供給を保ちつづける事は、、

お金を使わずに死んでいく老人が大半を占めている銀行預金700兆円?
これを、現役世代の雇用の為に使う、現在生産と消費をしている世代に回す・・・
こう書けば、なんかスッキリしているのではないか

残念ながら、このような理想にはなってないのが問題なのだが^^ これは後で。


年金の積立金が150兆円ある、とはいっても、、、
お金は刷ることが出来るし、ただのメモリである

資源国では無いのもあり、資産の大きな要因を占めているのは為替である
今後ますます国際社会となり、国際的な競争になっていく中で
年金のお金が減るかどうか、というのは、まさに日本が国際社会の中の位置付けとして
今後相対的に下がるかどうか、による。

そのようなマクロ経済視点で考えると

この「ある程度働くけど、誰も使わず。年金をあげるけど、大半は誰も使わずに貯めている」という状況下の日本においては

将来、お金があるかどうか。というのは、、、

個人資産、年金積立金、輸出入、
日本円の価値。

そこをどこまで守っていくのか、、、


これは、世界でいろいろな国が様々な実験を繰り返しており、
国が大きく管理をする、管理経済ではなかなかうまく行かず。
政治だけ固定させ、経済は殆ど自由に、という中国式が今のところかなり安定はしており、現在貿易額は対アメリカを越えて、対中国が輸出入とも一位の相手国となっている

私TAMも、現在は中国~香港台湾から年間5回前後、合計年の1ヶ月ほど中国に滞在している
呼ばれて遠征をして、トーク握手会やったりパフォーマンスしたりしながら、、、、

世の中の民意としての国民投票~政権において、
投票率と人口比率もあいまって、年寄り重視の政策が指示されるのなら、それが国としての正しい姿なのか、どうなのか、、、。。。
それについては判断するのは難しいし、話が別になってくるのでまた別の機会に。


続く


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事