タクミンTのつぶやき(本音)広場

足を踏み入れ、再燃したもの

2020/04/02 01:05 投稿

  • タグ:
  • ACNB

どうも、こっちに書くのは久しぶりな自分です。

すっかり年が変わり、島流しからも帰ってきている自分ですが、最近やり始めたゲームがあります。

アーマード・コア ナインブレイカー


えぇ、そうです。
とうとう自分もこの沼に自ら足を突っ込みました
同時購入で続編の「アーマード・コア ラストレイブン」も手元にあります。こっちは追々触るとして……。

とある某ちくわさんの対戦動画を見て、自分もやりたくなって、いざAmazonに残っていたギフトポイント分で購入しました。

これが初アーマードコア――というわけではなく、何も知らずにPSP版のフォーミュラーフロントを買って、少し遊んで飽きたのが初めてのアーマードコアでした。
自分で操作すると思っていたので、ただ対戦を眺めているだけのこのゲームは予想外でした。

それから、小学生が高校を卒業する以上の年月が経ち、自身の中で蓄えられ燻っていたロボゲーの欲が爆発、晴れてアーマードコアの門を再び叩いたというわけです。

最初は動かすだけでも一苦労ではありましたが、操作するたびに腕の向上が数日でも実感でき、中々にモチベーションを維持して現在に至っています。
「NICE JOKE」と冗談らしく笑われているミッションもありますが、これはこれでやりがいもあったり。

それ以上に、スッと始められて、スッと終われる。数分のトレーニングが連続しているというのが、自分には合っているみたいです。


まあ、それなら機体のアセンだってやっているわけで。
初心者ならとりあえず組んで試行錯誤。熟練者でも数値を見て組んで、この繰り返しではあります。
たとえば、他人のアセンを真似して組んだりというのもあります。というか初めてはそれが一番おすすめでしょう。

では自分はというと、

今現在、とりあえず数値を見ながら組んだ四脚二脚がアリーナをぴょんぴょん飛び回っています。

はい、ガチアセンです。
継続戦闘と瞬間火力、消費ENを供給ENの兼ね合い、フル装備時のブースト持続時間とスピードの両立、武装パージ後のスピード、などなど、全パーツチューニングして構築しています。

初心者がやる様なものではないです。事前知識があったからできたことではありますが、それなりの機体を組んでいます。

ついでに言いますと、両機とも対人戦におけるAレギュの使用禁止パーツを使っていません。ネット対戦に出してもどうにでもなる機体です。

二脚:フル装備時は中速だけど、パーツを外した途端トレーニングでもゴールドを取れるくらいの高速機に早変わり。ブーストを付加しても熱暴走はせず、縦穴トレーニングでもチャージせずとも登り切れる。
800マシとレーザーライフル、ついでに格納ハンドガンもついていて、遠くでも近くでもペチペチ牽制用で撃つにはもってこい。

四脚:二脚と同じ様なコンセプトになった。ライフルとレーザーライフル、肩にリニアキャノンを積んで思いっきり継続戦闘が可能な機体になっている。なにかパージしないと常に重量オーバーのアラートが鳴っている。
全体的に見ても瞬間火力はそれほどでもないが、一度ハマると、リニアキャノンとレーザーライフルの直撃で熱暴走を招く様な蓮撃になる。
使用せず弾数が有り余っているのをいいことに、隠れているところにバカスカ撃って弾切れしたアリーナのACをタコ殴りにするのに一役買っている。

なお、バズーカ系の攻撃が天敵な模様。相手が動いてロックが外れ、そのまま削られて「NICE JOKE」、なんてのは日常茶飯事です。ゆるさん。

さぁて、今日もSILVERとBRONZE埋めがはじまるぞ〜。

しゅんかんかりょく……? なんのこったよ(すっとぼけ


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事